ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 長寿社会課 後期高齢者医療制度の概要
トップページ 組織で探す 保健福祉部 長寿社会課 後期高齢者医療制度の概要

後期高齢者医療制度の概要

 後期高齢者医療制度は、老人保健制度に代わる制度であり、平成20年4月に創設されました。

 後期高齢者医療制度の被保険者は75歳以上の人と65歳から74歳の一定の障がいを持つ人です。国民健康保険や被用者保険の加入者は75歳の誕生日から全て後期高齢者医療制度に加入することになります。

 制度の運営は、都道府県ごとに置かれ、全市町村が加入する後期高齢者医療広域連合が主体となり、市町村と事務を分担して行われます。
 岡山県の場合は、県内全ての市町村が加入する「岡山県後期高齢者医療広域連合」が主体となって運営しています。

 後期高齢者医療制度の費用負担は、患者が支払う一部負担金を除いて、約1割が被保険者から徴収する保険料、約4割は現役世代が加入する医療保険からの支援金、約5割は公費によって賄われています。


 後期高齢者医療制度について、詳しくは、岡山県後期高齢者医療広域連合またはお住まいの市町村にお問い合わせください。
 
 主な役割 広域連合:保険料の決定、給付の決定
       市町村 :各種届出の受付、保険料の徴収

トップページ 組織で探す 保健福祉部 長寿社会課 後期高齢者医療制度の概要
トップページ 組織で探す 保健福祉部 長寿社会課 後期高齢者医療制度の概要