ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 生活衛生課 農薬に関する意見交換会を開催しました

農薬に関する意見交換会を開催しました

 食のリスクとして必ず取り上げられる(残留)農薬について、農薬がどのように評価されて使用されているのか、どのように使用されているのか、また、流通している食品の残留農薬検査はどのように行われているのか、などについて理解を深めていただくために、説明会及び意見交換会を開催しました。

日時、内容等

日時

平成27年2月12日(木曜日)
13時30分~15時30分

場所

メルパルク岡山
 岡山市北区桑田町1-3

人数

 34人

演題

○農薬について ~野菜や果物をおいしく食べるために~(内閣府食品安全委員会)
○農薬の使用方法、使用状況等について(岡山県農林水産部)
○流通品の残留農薬検査について(岡山県環境保健センター)

意見交換の主な内容

Q.アルドリンについて、検出された時点で違反だと聞きましたが、現在、アルドリンという農薬がない、ということでしょうか。
A.そのとおりです。アルドリンは、過去には農薬として登録されていましたが、現在は登録されていません。

Q.検査された品物で違反があった場合、県の組織内で原因など情報共有していますか。
A.原因を追及し、情報共有を行っています。

Q.毎年一品種何件くらい検査されていますか。違反があった食品について、次の年も検査されていますか。
A.厳密に何件検査するとは決まっていませんが、違反があった次の年は前年度の例を踏まえ、重点的に検査しているはずです。

講演会の様子1 講演会の様子2


トップページ 組織で探す 保健福祉部 生活衛生課 農薬に関する意見交換会を開催しました