ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

森林研究所の紹介

森林研究所の紹介
岡山県農林水産総合センター森林研究所は、昭和27年の開設以来、森林・林業及び木材加工に関する唯一の県立試験研究機関として、本県の林業・木材産業の発展と森林の持つ多面的な機能の持続的な発揮に資するため、地域における自然的条件や林業製産技術棟特性を踏まえ、常に長期的な展望に立って必要な試験研究を行っています。

森林研究所の沿革

昭和18年 岡山県農民道場三徳塾植月分場開設
昭和25年 岡山県林産種苗場に用途変換
昭和27年 岡山県林業試験場開設
昭和46年 岡山県林業試験場本館落成
昭和60年 岡山県木材加工試験研究指導体制整備基本構想の提言
昭和62年 岡山県木材加工技術センター施設の完成
昭和63年 岡山県木材加工技術センターを設置
平成 2年 岡山県林業試験場整備基本構想の提言
      生物工学研究室(平成4年)、研修棟「森の館」(平成7年)の完成
平成22年 岡山県農林水産総合センターを設置
       農林水産部関係6試験研究機関の再編統合により、岡山県農林水産総合センターが設置され、林業試験場と木材加工技術センターは、
       新たに農林水産総合センター森林研究所となった。

森林研究所の組織

森林研究所の組織と事務分掌
職員19名(研究職12名、行政職7名)