ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 医薬安全課 軽症高額に該当するときの申請

軽症高額に該当するときの申請

軽症(病状の程度が認定基準に満たない場合)であっても、支払っている医療費の額が要件に該当する場合は、申請により支給認定されることがあります。

要件

  • 指定難病に関する月ごとの医療費総額が33,330円を超える月が3回以上ある場合
  • 上記の要件を考慮する期間は、(1)申請日の属する月から起算して12か月前の月、又は(2)指定難病を発症したと難病指定医が認めた日(臨床調査個人票の基本情報のうち発症年月日欄に記載された日)を比較していずれか後の月から申請日の属する月までの期間

軽症として不認定となったときの再申請

必要書類

不認定通知
到着から
世帯員の変更等申請書
(様式第1号)
申請書
(様式第1号の2)
医療費申告書※注自己負担上限額
確認のために
必要な書類
通常の新規申請に
必要な添付書類

3か月以内
の提出

変更なし

変更あり

3か月を超えて
からの提出

 ※注 領収書(指定難病の治療等に係るものに限る)等を添付してください。
    医療費申告書(領収書等添付)に代え、医療費管理票を提出することもできます。

提出・お問合せ先

新規申請時の同時申請

必要書類

提出・お問合せ先


トップページ 組織で探す 保健福祉部 医薬安全課 軽症高額に該当するときの申請