ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

林業普及推進班の紹介

林業普及推進班の紹介

林業普及推進班の紹介
森林研究所には現在4名の林業普及指導員が配置されています。
この林業普及指導員は各種の林業技術研修を実施するとともに、試験研究及び林木育種および木材加工技術の成果を広く普及し、林業・木材産業普及現場の要望を試験研究に反映させるなど、普及と研究の連携を密にしながら効果的に普及指導活動を推進しています。
(1)林業普及指導事業の内容
   1.森林保護、林業機械、特用林産、林産等の技術の普及指導
   2.実戦的技能習得研修等の実施(インターンシップ研修、森林作業道作設オペレータ研修)
   3.林業・木材加工技術の調査・研究の実施
   4.試験研究と普及指導業務の連絡調整
   5.林業・木材加工技術の相談
   6.林業技術実習指導施設、普及展示館の管理・運営
   7.展示園および実証園の管理


(2)展示園、実証園の管理
   岡山の森郷土樹木園(1.40ha)、山菜・薬草園(0.33ha)、竹展示園(0.21ha)、サクラ品種展示園(0.43ha)等
   カリン園(0.10ha)、イチョウ園(0.10ha)、マタタビ園(0.10ha)等