ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 土木部 建築指導課 岡山県建築基準法第43条第1項ただし書許可基準

岡山県建築基準法第43条第1項ただし書許可基準

建築基準法第43条第1項ただし書許可について

 建築基準法第43条第1項の規定により、建築物の敷地は原則として道路に2メートル以上接しなければなりません。

 ただし、敷地の周囲に広い空地を有する建築物その他の国土交通省令で定める基準に適合する建築物で、交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないものについては、建築審査会の同意を得て特定行政庁が許可した場合、例外的に接道義務を緩和し、建築物を建築することができます。

 岡山県では、法第43条第1項ただし書許可について、下記のとおり許可基準を定めています。基準の適用に当たっては、必ず各県民局の建築担当窓口にご相談下さい。

 なお、許可基準は特定行政庁ごとに定められていますので、県内の他特定行政庁(岡山市、倉敷市、津山市、玉野市、笠岡市、総社市、新見市)については、各行政庁にお問い合わせ下さい。

一括処理基準について

 岡山県では許可手続きの迅速化を図るため、上記許可基準の判断基準のうち通例的なものについて、建築審査会同意一括処理基準を定めています。下記の判断基準を満たすものは、建築審査会への提出図書が個別審査に比べ軽減され、申請者の負担が少なくなります。

 1.判断基準2号 (4m農道等)
 2.判断基準3号の(1) (水路ばさみ)
 3.判断基準3号の(2)の1 (住宅建替)

窓口と担当エリア

申請様式

申請手数料

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 土木部 建築指導課 岡山県建築基準法第43条第1項ただし書許可基準