ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保健福祉部 > 医薬安全課 > 指定難病の指定医

指定難病の指定医

指定難病の指定医について

 難病の患者に対する医療等に関する法律第6条第1項により、新規申請及び更新申請に必要な臨床調査個人票を作成することができる医師は、県の指定した指定医に限られます。
 岡山県が指定した指定医は次のとおりです。
※指定医が一覧に記載のある勤務先以外の医療機関で作成した臨床調査個人票も有効です。
※担当する診療科は目安であり、臨床調査個人票を作成できる疾病は医師の専門分野によって異なります。

難病指定医(新規申請及び更新申請の臨床調査個人票を作成できる医師)

協力難病指定医(更新申請の臨床調査個人票を作成できる医師)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

お問い合わせ

お問い合わせ課室

※このページに関するお問い合わせについては、医薬安全課までお願いします。


トップページ > 組織で探す > 保健福祉部 > 医薬安全課 > 指定難病の指定医