ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分野で探す > 健康・福祉 > 健康・医療 > 難病 > 難病医療費助成制度について

難病医療費助成制度について

原因が不明で治療方法が確立していないいわゆる難病のうち、厚生労働大臣が定める疾病を「指定難病」といいます。
病態など一定の基準を満たす方に対して、患者さんの医療費の負担軽減のため、特定医療受給者証を交付し、医療費の自己負担部分について公費負担を行います。

対象となる方

次の1及び2の両方を満たす方
1 対象となる指定難病(下の一覧表を参照ください)と診断された方。
2 次の(1)又は(2)のいずれかに該当する方
 (1) その症状の程度が、あらかじめ定められた重症度分類の程度である方
 (2) (1)に該当せず、申請日の属する月以前の12か月の間に、指定難病に関する月ごとの医療費総額が33,330円を超える月が3回以上あった方

申請方法

必要書類を揃えた上で、お住まいの住所を管轄する保健所の各窓口 [PDFファイル/144KB]へお越しください。

必要書類

新たに支給申請をするときに必要となる書類

書類名作成者入手方法

様式第1号 特定医療費(指定難病)支給認定申請書※両面印刷をしてください。

本人県ホームページ
各保健所窓口
同意書
臨床調査個人票難病指定医
住民票誰のものが必要かは
こちらを参照ください
市町村窓口
市町村民税(非)課税証明書などの課税状況を確認できる書類市町村窓口等
公的医療保険の被保険者証等のコピー

該当する方のみ必要となる書類

対象者提出書類備 考
小児慢性特定疾病医療費を受給している方「小児慢性特定疾病医療費受給者証」のコピー月額上限額の軽減のために必要です。
医療保険上の世帯に、他に特定医療費
もしくは小児慢性特定疾病医療費の
受給者がいる方
世帯内の他の方の「特定医療費受給者証」もしくは
「小児慢性特定疾病医療受給者証」のコピー
月額上限額の軽減のために必要です。
申請日の属する月以前の12か月の間に、
指定難病に関する月ごとの医療費総額が
33,330円を超える月が3回以上あった方
医療費申告書(領収書等を添付)
※左記事項を確認できること
軽症高額に該当するときの申請は
こちらを参照ください。
公的医療保険が「国民健康保険組合」の方被保険者全員(組合員とその世帯に属する方全員)の
最新の市町村民税課税証明書

既に受給者証をお持ちの方が他の疾病での支給申請をするときに必要となる書類

書類名作成者入手方法

〇平成27年1月1日以降に新規認定された方
 様式第2号 特定医療費(指定難病)支給認定変更申請書

〇平成26年12月31日以前から引き続き認定されている方
 様式第2号の3 特定医療費(指定難病)支給認定変更申請書

本人県ホームページ
各保健所窓口
臨床調査個人票難病指定医

医療費助成の内容

医療費の支給対象

指定医療機関で受けた、指定難病及び指定難病に付随して発生する疾病に関する認定期間内の医療が支給の対象となります。

支給対象となる医療の内容

(1) 診察
(2) 薬剤の支給
(3) 医学的処置、手術及びその他の治療
(4) 居宅における療養上の管理及びその治療に伴う世話その他の看護
(5) 病院又は診療所への入院及びその療養に伴う世話その他の看護

支給対象となる介護の内容

指定医療機関が行う以下のサービス
(1) 訪問看護
(2) 訪問リハビリテーション
(3) 居宅療養管理指導
(4) 介護療養施設サービス
(5) 介護予防訪問看護
(6) 介護予防訪問リハビリテーション
(7) 介護予防居宅療養管理指導

助成の対象とならないもの(例示)

・受給者証に記載された病名以外の病気やけがによる医療費
・医療保険が適用されない医療費(保険診療外の治療・調剤、差額ベッド代、個室料等)
・指定医療機関以外で受けた医療、介護サービス
・介護保険での訪問介護の費用
・はり、きゅう、あんま、マッサージの費用
・コルセットなど、補装具の費用
・認定申請時などに提出した臨床調査個人票(診断書)の作成費用

自己負担上限月額

階層区分階層区分の基準患者負担割合 2割まで
自己負担上限額(外来+入院+薬代)
一 般高額かつ長期人工呼吸器等装着者
生活保護     0      0      0
低所得 I

市町村民税非課税世帯

本人年収 ~80万円 2,500  2,500  1,000
低所得 II本人年収 80万円超 5,000  5,000
一般所得 I市町村民税(均等割)課税、(所得割額)7.1万円未満10,000  5,000
一般所得 II市町村民税(所得割額)7.1万円以上25.1万円未満20,000 10,000
上位所得市町村民税(所得割額)25.1万円以上30,000 20,000
入院時の食事全額自己負担

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

お問い合わせ

お問い合わせ課室

※このページに関するお問い合わせについては、医薬安全課までお願いします。


トップページ > 分野で探す > 健康・福祉 > 健康・医療 > 難病 > 難病医療費助成制度について