ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

H26.10 郷土料理伝承講座を開催

高梁地方農村生活交流グループ協議会(7グループ、60名)は、10月21日方谷の里ふれあいセンターで、グループ員が培ってきた技と智恵を相互に交換することを目的に郷土料理伝承講座を開催した。
 当日は、グループ員19名が参加し、方谷の里農産加工部の指導でばら寿司の調理実習を行った。その後、そば打ちが得意な会員がデモンストレーションを行い、見事なそば打ちの技術に参加者が感心していた。
 また、会場が幕末の陽明学者山田方谷生誕の地であったため、ボランティアガイドから説明を受け山田方谷に関する見識を深めた。
 その他、各地域のばら寿司の特徴や加工活動の情報交換を行い、それぞれの地域特性や活動の様子を理解することができ有意義な1日となった。
そば打ち