ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 備北広域農業普及指導センター H26.10 アスパラガス、ナス生産者合同で2タイプの太陽光利用かん水装置を研修

H26.10 アスパラガス、ナス生産者合同で2タイプの太陽光利用かん水装置を研修

10月9日に高梁市巨瀬町、有漢町において農業者、関係機関、ポンプメーカーの18名が、蓄電型と拍動型の日射制御型自動潅水装置について研修した。
 アスパラガスほ場では、今春設置した蓄電型の「ソーラーパルサーE」について、主に拍動型との違いを普及指導センターとポンプメーカーより解説した。 
 高梁市内では初めてナスで拍動型を導入したほ場では、装置の仕組みと濾過タンクの掃除方法を詳細に検討した。
 室内研修では、設置農業者が太陽光利用かん水装置の品質・収量への影響、省力化の効果、課題について、普及センターが作成したスライドを使って説明し、参加者の理解を深めた。
 普及センターでは24年度から視察、講習会を通じて太陽光利用かん水について説明し、導入を進めてきた。現在高梁市内で5戸(アスパラガス:4戸、ナス:1戸)が利用している。
現地研修
室内研修

トップページ 組織で探す 備中県民局 備北広域農業普及指導センター H26.10 アスパラガス、ナス生産者合同で2タイプの太陽光利用かん水装置を研修