ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

露地ナスほ場で天敵を観察

 J A倉敷かさや 笠岡なす部会は9月9日、部会員のほ場において露地ナス天敵見学会を開催した。参加者は部会員、関係者を含めて11名であった。
 近年、部会では露地ナス栽培ほ場にゴマなどの天敵温存植物を植え付けて、土着(どちゃく)天敵を積極的に利用しようとする取組を進めており、今年度の新規加入部会員にも天敵の学習をしてもらおうと開催した。
 農業普及指導センターからのナスおよび天敵温存植物の栽培概要と土着天敵に関する説明の後、参加者はルーペを手にクサカゲロウやタバコカスミカメなどの天敵を観察して歩いた。
 また、園主が設置している簡易液肥混入器の利用方法についても説明があり、次年度作に向けて活発な質疑応答が行われた。
【特記事項・補足事項】
○  天敵温存植物と土着天敵
  ソルゴー:テントウムシ、ヒラタアブ、クサカゲロウ
  ゴ  マ:タバコカスミカメ
  オ ク ラ:ヒメハナカメムシ
  クレオメ:タバコカスミカメ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    

天敵温存植物の写真

見学会の様子

天敵温存植物(左列から、ソルゴー、ゴマ、オクラ、ナス)

見学の様子

お問い合わせ

お問い合わせ課室

※このページに関するお問い合わせについては、井笠農業普及指導センターまでお願いします。