ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備前県民局 備前県民局健康福祉部 強い苦みのあるウリ科植物にはご注意下さい

強い苦みのあるウリ科植物にはご注意下さい

強い苦みのあるウリ科植物にご注意ください!!

 観賞用ウリ科植物には苦み成分の「ククルビタシン」が含まれており、多量に摂取すると腹痛、下痢などの食中毒を引き起こすことが知られています。
 
 食用ウリ科植物には、通常、「ククルビタシン」は含まれていませんが、希に観賞用と食用のものが交雑して「ククルビタシン」を含む食用ウリ科植物ができることがあるので注意が必要です。
 
 ウリ科には、きゅうり、かぼちゃ、ズッキーニ、メロンなどがあります。
 ウリ科植物の調理をする場合には、調理前の味見が重要です。 
 ククルビタシンが多く含まれていれば、食べたときに苦みに気づくことが可能ですから、苦くないか確認してから調理に取りかかってください。
 もし、苦みを感じたら食べないよう注意してください。

 
 なお、ニガウリ(ゴーヤ)の苦み成分は「モモルデシン」という物質で、ククルビタシンとは違い、食べても食中毒になることはありません。
カボチャ きゅうり ズッキーニ

トップページ 組織で探す 備前県民局 備前県民局健康福祉部 強い苦みのあるウリ科植物にはご注意下さい