ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 農林水産部 水産課 海底ごみ適正処理体制構築事業フォローアップ調査

海底ごみ適正処理体制構築事業フォローアップ調査

 本県では、平成15年度から漁業者、漁協、市、県による海底ごみの回収処理体制を構築し、現在では沿岸7市に、計13基の海底ごみステーションが設置されています。

 しかしながら、海底ごみステーションが一部の地区にしか設置されておらず、また、設置されていても利用率が低い地区があるなど、その取組は未だ充分ではなく、さらなる海底ごみの回収・処理活動の拡充が必要となっています。

  そのため、これまでの取組事例の整理・評価を行うとともに、海底ごみ回収、処理者である沿岸漁業者、沿岸漁業協同組合、地元市を対象に、意識調査や回収量、性状等の調査を実施し、取組拡大や普及方法についての検討結果をまとめた報告書を作成しました。




Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 農林水産部 水産課 海底ごみ適正処理体制構築事業フォローアップ調査