ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 県民生活部 国際課 海外技術研修員事業(国際貢献ローカル・トゥ・ローカル技術移転事業)

海外技術研修員事業(国際貢献ローカル・トゥ・ローカル技術移転事業)

国際貢献(International Contribution)

海外技術研修員事業(国際貢献ローカル・トゥ・ローカル技術移転事業)

「国際貢献活動の推進に関する条例」に基づいて県が実施する技術支援活動として、本県の特性を生かしたローカル・トゥ・ローカルでの技術移転を展開するため、海外技術研修員の受入れ及び専門家の海外派遣を行っています。
【平成27年度実施】
●「専門家派遣」について(提案団体:特定非営利活動法人アムダ)
●「研修員受入」について
平成27年度は、友好交流・移住者枠から4名(ブラジル、アルゼンチン、ボリビア、中国各1名)、NGOプロポーザル枠から2名(ミャンマー、ルワンダ各1名)の合計6名の海外技術研修員を受け入れました。
 各研修員から提出された研修報告書を掲載します。
○友好交流・移住者枠
○NGOプロポーザル枠
(※NGOプロポーザル枠とは…開発途上国で活動している県内NGOが推薦機関となって実施するもの)
平成27年度は、「特定非営利活動法人日本・ミャンマー医療人育成支援協会」「特定非営利活動法人アムダ」の2団体が推薦機関となり、研修員受入を実施しました。
【平成26年度実施】
●「専門家派遣」について(アムダ)
●「研修員受入」について
平成26年度は、友好交流・移住者枠から3名(ブラジル2名、中国1名)、NGOプロポーズ枠から2名(ミャンマー1名、カンボジア1名)の合計5名の海外技術研修員を受け入れました。
 以下、各研修員から提出された研修報告書を掲載します。
○友好交流・移住者枠
○NGOプロポーザル枠
(※NGOプロポーザル枠とは…開発途上国で活動している県内NGOが推薦機関となって実施するもの)
平成26年度は、「特定非営利活動法人ハート・オブ・ゴールド」「日本・ミャンマー医療人育成支援協会」の2団体が推薦機関となり、研修員受入を実施しました。
【平成25年度実施】
●「専門家派遣」について(アムダ/日本・ミャンマー医療人育成支援協会)
●「研修員受入」について
平成25年度は、友好交流・移住者枠から3名(ブラジル1名、ペルー1名、中国1名)、NGOプロポーズ枠から2名(ミャンマー1名、ネパール1名)の合計5名の海外技術研修員を受け入れました。
 各研修員から提出された研修報告書を掲載します。
○友好交流・移住者枠
○NGOプロポーザル枠
(※NGOプロポーザル枠とは…開発途上国で活動している県内NGOが推薦機関となって実施するもの)
平成25年度は、「特定非営利活動法人アムダ」「日本・ミャンマー医療人育成支援協会」の2団体が推薦機関となり、研修員受入を実施しました。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 県民生活部 国際課 海外技術研修員事業(国際貢献ローカル・トゥ・ローカル技術移転事業)