ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 生活衛生課 岡山県で獣医師として活躍しませんか?

岡山県で獣医師として活躍しませんか?

獣医師を募集しています!!

 岡山県では、県民の方々の安全・安心なくらしを支えるため、幅広い分野で獣医師が活躍しています。
 大学を卒業したばかりの方(要獣医師免許)はもちろん、動物病院、企業、学校などに勤務されていた方、獣医師の資格を活かして岡山県で一緒に働きませんか?

獣医師の業務

 岡山県に勤務する獣医師は、様々な立場から岡山県民の生活を支えており、業務内容も多岐に渡ります。
 獣医学をはじめとする様々な専門知識をもとに監視指導を行ったり、県民のみなさんへの普及啓発を行ったりします。 また、新たな事業の企画・立案を行うなど行政職としての役割も担うことがあります。
 岡山県に勤務する多くの獣医師が担う業務の一部を紹介します。
業務担当課業務内容

動物愛護管理業務

狂犬病予防業務

県庁生活衛生課

動物愛護センター

動物取扱業者(ペットショップなど)、特定動物(危険な動物)飼養者への監視指導

や狂犬病予防業務、県民の皆さんへ終生飼養や動物愛護思想等の普及啓発を

行います。

食肉検査業務食肉衛生検査所

と畜検査(精密検査として、細菌検査、病理検査、理化学検査、BSE検査)を

行ったり、食鳥処理場の監視指導などを行います。

食品衛生関係業務

県庁生活衛生課

保健所

飲食店や給食施設など、食中毒防止の衛生管理の指導や、県民のみなさんへ

食の安全・安心に関する情報や知識の普及啓発を行います。

環境衛生関係業務

県庁生活衛生課

保健所

理容・美容所、公衆浴場、水道などの環境衛生関係施設の監視指導を行います。

動愛1  動愛2

 動物愛護センターでは譲渡する犬猫への不妊手術やワクチン接種などを行っています。右の写真は譲渡会の様子です。

枝肉検査   BSE検査

食肉衛生検査所での枝肉検査の様子(左)とBSE検査を行っている様子(右)です。

販売店での監視指導  製造施設における監視指導

 食品衛生監視員として、ス―パーや飲食店などの食品を扱う店や製造工場で、衛生的な取扱いが行われているか監視したり、正しい表示を指導したりします。

講習会1  講習会2

食品について、様々な相談を受けたり、食の安全・安心に関する講習会、実際に製造工場を見に行く視察型研修を行ったりします。

主な配属先

 動物愛護センター、食肉衛生検査所、岡山県内の保健所(5ヶ所)、本庁において専門の業務に従事します。(保健所支所には配属されません。)
 また、環境保健センター(地方衛生研究所)等に配属になることもあります。

勤務待遇・勤務条件について

 次のQ&Aを参考にしてください。
 獣医師の初任給は208,900円です。さらに、獣医師については、初任給調整手当として、基本給とは別に30,000円が支給されます。なお、給与については、職歴等を勘案して決定されます。

先輩職員からのメッセージ

難波さん

 県庁保健福祉部生活衛生課の難波です。

 私は、平成14年5月に採用され、食肉衛生検査所や保健所検査課などで検査業務に携わってきました。

 食肉衛生検査所では、毎日牛や豚などのと畜検査を行います。ラインに沿って流れてくる、内臓や枝肉などを一頭ずつ詳細に肉眼で検査します。肉眼で判断できない物については、細菌培養やPCR検査、病理組織学検査などを行って食用に適するかどうかを判断します。食肉衛生検査所は、大学で学んだ獣医学全般が活かされる職場です。

 保健所検査課では、微生物検査の業務に携わっていました。市販されている食品が基準に適合しているかや、食中毒が発生したときの原因究明のための細菌検査、人の感染症に関する細菌検査などを行っています。これらの検査は、細菌培養に加え、PCR検査など様々な検査法で検査が行われます。私が大学時代に経験したことのなかったリアルタイムPCR検査なども行っており、県に採用されてからも、微生物に関することやその検査に関することなど、日々精進です。

 公衆衛生分野の獣医師は、食品衛生、動物愛護、環境衛生など活躍の分野は多岐に渡りますが、このような業務を行うことによって地域の人の健康を守っていることを誇りに思っています。


長谷川さん 

 備北保健所衛生課の長谷川です。入庁して8年目になります。

 私は獣医師として入庁し、初めは備前保健所の衛生課で 食品衛生業務を行いました。その後、動物愛護センターへ異動し、現在、備北保健所衛生課に勤務しています。

 センターでの獣医師の仕事は、狂犬病予防・動物取扱業・適正飼養等に関する管理業務と動物愛護の普及啓発・犬猫に新しい飼い主を探す譲渡事業を主に担当し、対象動物の検査や健康管理なども行っています。

 センターには、日々、迷子になったり捨てられたと思われる犬や猫が数多く収容されてきます。 可哀想な犬猫がいなくなり、岡山県が人や動物に優しい県となるように自分の力を役立てたいと いう気持ちで取り組んできました。

 私には子どもが二人いますが、県職員には仕事と子育てを両立して頑張れる環境が整っており、充実した毎日を送ることができています。これから県職員を目指す方へ、よりよい岡山県となるよう一緒に頑張れる日を楽しみにしています。


 村上さん

 県庁保健福祉部生活衛生課の村上です。

 私は平成14年5月に岡山県に採用され、現在は県庁で保健所等の食品衛生や動物愛護センターの動物愛護関係のサポート業務に携わっています。

 以前は保健所で食品衛生や旅館、公衆浴場、建築物衛生、水道など、県民の生活に密接した業務を行っていました。例えば、飲食店や旅館等に実際に出かけ、食品を衛生的に取り扱う上での助言や指導を行ったり、一般消費者に向け、講習会などを行い、食中毒が発生すれば疫学調査を行うなど、多岐に渡る業務を行ってきました。

 ワンヘルスという概念がありますが、獣医師はその役割の最たるものであると考えています。是非自身の専門性を伸ばし、活かして、共に安全を支える仲間になっていただけたらと思います。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 生活衛生課 岡山県で獣医師として活躍しませんか?