ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

文化財保護関係者研修会

文化財保護関係者研修会

■開催趣旨

 文化財保護関係者が一堂に会し、講義や説明・実演等を通じて郷土の歴史や文化財の適切な保護・保存、公開・活用を促進するための研修を深め、各市町における地域文化の継承・発展に努めます。
 
 備前・備中地区の各市町を会場に、隔年でそれぞれの地区で開催しています。

■平成30年度 文化財保護関係者研修会

日時:10月4日(木曜日)10時00分~14時45分
場所:玉野市立中央公民館
内容:1 行政説明
      「国・県の文化財保護行政について」
           説明者 岡山県教育庁文化財課職員
   2 「古文書から繙く港町玉野の歴史と地域に根ざした伝統文化」
      (1)講 話「常磐丸義若五郎吉と児島利生廻船~瀬戸内・九州での商業活動について~」        
           講 師 玉野市文化財保護委員会 委員長 北村 章 氏
      (2)発 表「八浜の秋祭り(玉野市定重要無形民俗文化財)
           八浜のだんじり(岡山県指定重要有形民俗文化財)について」
           発表者 八浜町並み保存推進委員会 会長 神原 章次 氏
      (3)発表・実演「波知の獅子舞(玉野市指定重要無形民俗文化財)について」
           発表・実演 波知獅子舞保存会

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)