ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 備北広域農業普及指導センター H26.5 生産者の想い熱く、特産しゃくやくの出荷研修会開催

H26.5 生産者の想い熱く、特産しゃくやくの出荷研修会開催

 高梁市のJAびほく花木生産部会は、5月9日にしゃくやく出荷講習会を開催した。出荷は4月下旬から早出しがすでに始まっているが、露地物の出荷が始まるこの時期に出荷規格や荷姿を再度確認しようというものである。
 講習会には生産者35人が参加し、出荷規格の目揃え、荷姿の統一についてJA担当者の説明を受けた。生産者からも‘品種毎の切り前’‘出荷前の吸水’‘箱詰めの体裁’等細部についての意見交換があり良い商品を出荷するための意識が高まった。また来作に向けた今後の肥培管理について普及センターが説明し、情報交換を行った。6月中旬までの出荷を見込んでいる。
 また、部会と関係機関が連携して共進会、産地のPR、品種の検討等を行っていくこととし、普及センターではJA、市と連携して、栽培、出荷、PRについて助言、支援を行う。
講習会の様子
目合わせ

トップページ 組織で探す 備中県民局 備北広域農業普及指導センター H26.5 生産者の想い熱く、特産しゃくやくの出荷研修会開催