ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 教育委員会 生涯学習課 公民館がつなぐ「人づくり・地域づくり」フォーラムを開催しました。

公民館がつなぐ「人づくり・地域づくり」フォーラムを開催しました。

 様々な地域課題や現代的課題に対して取り組まれている公民館の活動事例を通じて、将来的な持続可能な人づくり・地域づくりの実現を担う公民館の今後の方向性について考えるため、標記フォーラムを開催しました。

会議次第

○開催日時
 平成26年1月30日(木曜日)午前10時~12時
○場所
 県生涯学習センター
○対象
 公民館職員、社会教育施設職員、行政職員 等
○内容
・説明「ESDに関するユネスコ世界会議へ向けて」
 岡山市ESD世界会議推進局 担当課長補佐 内田光俊様
・シンポジウム:テーマ「持続可能な地域づくりを支援する公民館とは?」
 コーディネーター
  ノートルダム清心女子大学大学院人間生活学研究科 教授 西井麻美様
 シンポジスト
  笠岡市白石公民館 館長 天野正様
  玉野市中央公民館 館長 大倉明様
  岡山市立西大寺公民館 主任 柏崎希様
フォーラムの様子
フォーラム写真1フォーラム写真2

フォーラムの内容

1 説明「ESDに関するユネスコ世界会議へ向けて」

 岡山市ESD世界会議推進局担当課長補佐の内田様から、ESD及びESDに関するユネスコ世界会議について、御説明をいただきました。
[ポイント]
・ESD(持続可能な開発のための教育)は、よりよい未来を自分たちの手で創るための教育であり、社会の様々な課題を自分のことととらえ、学び実践する力を築くものである。
・ 公民館では、既にESDの要素を持った活動が一杯行われている。そうした活動について、意識的にESDというメガネをかけ、充実を図れば、たちまちESDの拠点となる。
・ 今年秋に岡山市で開催される「ESDに関するユネスコ世界会議」の一つとして、「ESD推進のための公民館-CLC国際会議」が10月9日から11日まで開催される。是非皆様の御参加をいただきたい。

2 シンポジウム:テーマ「持続可能な地域づくりを支援する公民館とは?」

 まず、シンポジストである笠岡市白石公民館の天野館長様、玉野市中央公民館の大倉館長様、岡山市立西大寺公民館の柏崎主任様から各公民館の取組を御紹介いただいた後、コーディネーターの西井教授により、公民館のつなぐという役割、持続可能な公民館としていくためのアイデア等についてシンポジストや会場の参加者の皆様の御意見をいただき、最後に西井教授にまとめをしていただきました。
○笠岡市白石公民館の取組(ポイント)
・ 白石公民館の活動の目標として、生涯学習の充実や、地域と学校との連携、「島づくり委員会」のネットワークの推進、伝統文化の継承、島のグランドデザインづくりを目標に、地域活性化を進めている。(学校連携による子どもたちへの白石踊りの伝承など)
・ 課題の解決に向け、島外の団体(岡山大学、矢掛高校、NPO団体)との連携により、地域づくりの実現を図っている。(岡山大学による調査報告、NPO法人との共催による民具展など)
○玉野市中央公民館の取組(ポイント)
・ 文部科学省のモデル事業(委託事業)に応募し採択され、地域コミュニティの再生に取り組んでいる。市長部局の協働推進課と協働し、中央公民館の「地域人づくり大学」により、地域を担う人材の養成に取り組んだ。
・ 自治会や町内会(地縁型コミュニティ)が弱体している中、瀬戸内国際芸術祭等の観光や福祉、防災など特定の分野で活動しているグループ(テーマ型コミュニティ)と結びつけることにより、両者を取り巻く課題解決を目指した。
・ ワークショップやフィールドワークを含む年6回の講座を開催、参加者間に様々なつながりが生まれ、地域づくりの取組への機運も高まっている。
○岡山市立西大寺公民館の取組(ポイント)
・ 平成23年に退職後の生きがいづくりについて話し合い、うどんづくりを学ぶ講座を開催することとした。
・ 講座修了者により、毎月第1回カフェを開催し、カフェを運営している。地域の方たちが楽しく集える空間になるよう「うどん亭つどい」と名付けた。
・ 地域の方々の交流の場にもなり、うどんを通じて人のつながりができている。
・ 平成25年度は活動の場を広げ、出張ボランティアで社会福祉施設等へも訪問している。
○テーマにせまる
(公民館がつなぐ役割を果たす上での工夫)
 シンポジストから、大学が取り組むフィールドワークへの協力、地域の方と繰り返し話し聞くこと、事業に楽しいと思えるエッセンスを取り入れること、などの意見をいただいた。
(公民館を次世代につなげていくために)
 会場の参加者から、「楽しさ」をいかに組んでいくか、協働のまちづくり(首長部局)との融合、などの意見をいただいた。
○コーディネーターまとめ
・ 公民館は、持続可能な地域づくりを支援できる。
・ 持続可能になるためには、2つのことが必要
 一つは、地域に住む人たちが、自分たちの地域は自分たちで守るという思いを持つこと
 もう一つは、一人一人の力をつなぎ広げて大きくしていくこと
 公民館は、そのつながりを作る窓口になれる。更に、地域外の人との絆づくりの窓口にもなれる。
・ 公民館の皆様は、それを実践されており、ESD世界会議でも必ず評価される。是非参加され、自分たちの活動の評価を聞いてみてほしい。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 教育委員会 生涯学習課 公民館がつなぐ「人づくり・地域づくり」フォーラムを開催しました。