ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 土木部 河川課 河川管理施設の長寿命化に向けた取り組み

河川管理施設の長寿命化に向けた取り組み

老朽化の現状

 岡山県が管理する排水機場・水門等の多くは、高度経済成長期以降に建設されており、建設後50年を経過する施設は、2017年度の約2%から、20年後の2037年度には約60%を占め、老朽化施設が急増します。
排水機場・水門等の年次別施設数の推移

老朽化が進む施設の例

老朽化が進む施設の例

長寿命化計画の策定による計画的な維持管理

 今後、維持管理費の増加が予想されることから、計画的な点検や維持管理により、施設の状態を把握し、損傷が軽微なうちに予防的な修繕を実施することで、機能の保持や長期的な維持管理費の縮減と、予算の平準化を図る必要があります。
 このため、岡山県では、排水機場・水門等において、長寿命化計画を策定し、計画的な維持管理に取り組んでいます。
防潮水門・排水機場

設備の整備、更新実施例

設備の整備、更新実施例

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 土木部 河川課 河川管理施設の長寿命化に向けた取り組み