ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 備北広域農業普及指導センター H26.3 JAびほく西部ぶどう選果場竣工落成式を開催

H26.3 JAびほく西部ぶどう選果場竣工落成式を開催

 平成26年3月18日、びほく農協が高梁市備中町布施に新しく建設したJAびほく西部ぶどう選果場の落成式を行った。
 この選果場は、選果基準の統一を図るため全国で初めて色彩選別カメラを備えており、JAびほくが出荷するぶどうの40%を占める660tを処理する計画である。
  式には、高梁市、備中県民局、普及指導センター、生産者代表、全農、JA、市場、施行業者など80名余りが出席した。竣工落成式の行事に続いてJAびほく担当者から選果場設備の説明が行われた。
 普及指導センターでは、来年度もトップ重点課題として産地体制の整備、高品質安定生産を支援する。

特記事項・補足事項
   平成25年度JAびほくぶどう生産部会の概要
   生産者426戸、栽培面積102.8ha (高梁管内)
         平成25年度ぶどう取扱実績 1388t、販売金額10億4713万円
竣工式であいさつする部会長


トップページ 組織で探す 備中県民局 備北広域農業普及指導センター H26.3 JAびほく西部ぶどう選果場竣工落成式を開催