ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

特産品 白ねぎ

白ねぎ産地の概要

1.産地の取り組み経過

昭和50年岡山市場からの作付け依頼に応えて15アールで栽培開始
昭和60年頃栽培面積4ヘクタールまで拡大したが、その後、高齢化等により面積が減少
平成 8年度転作拡大に伴い2.5ヘクタールまで回復したが、1戸当たりの面積は伸び悩み
平成10年度移植作業の省力化を目指して、簡易移植機「ひっぱりくん」を導入
「ひっぱりくん」に対応するため「チェーンポット苗」の活用開始
平成11年度共同選果の効率化のため皮剥・葉切機「ベストロボ」を導入
平成18年度比較的、高単価が期待できる8月出荷を目指した早どり作型導入
平成19年度農山村いきいきシニア活動表彰
農村地域部門において優良賞(全国農業協同組合中央会会長賞)を受賞
平成22年度~F1新品種の導入

2.生産組織の概要

・JA勝英白ねぎ部会
・奈義町、勝央町、美作市(旧作東町)、津山市(旧勝北町)
・出荷先 岡山市場、尼崎市場

過去5年の実績

年度

戸数

面積
(ヘクタール)

出荷量
(トン)

販売額
(万円)

単価
(円/キログラム)

平成19

70

9.0

107

3,631

341

平成20

82

9.5

161

4,218

262

平成21

90

11.5

157

4,217

269

平成22

82

10.0

94

3,051

326

平成23

85

10.5

123

3,578

290

平成24

77

10.5

定植作業の様子

3.栽培体系

白ねぎの栽培体系

4.平成24年度の取り組み

・F1新品種、超早取り作型の普及
・定年帰農者を対象とした帰農塾での栽培啓発 [就農促進トータルサポート事業]

F1新品種の導入
F1新品種の導入

帰農塾
帰農塾

超早取り作型
超早取り作型

白ねぎの農業技術情報はこちら