ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

特産品 ぶどう

勝央町ぶどう部会の概要

 勝央町は、県中北部に位置する県下有数のぶどう産地である。昭和59年からピオーネ栽培が始まり、同63年からは県下でも早くからハウス栽培に取り組んだ。「勝央町ぶどう部会」は、現在、会員44名、栽培面積16.2ヘクタールで、このうちピオーネ栽培面積が11.1ヘクタール(このうち加温栽培が2.4ヘクタール)である。
 ハウス栽培と簡易被覆栽培を組み合わせ、7月上旬から10月中旬頃まで継続して出荷しており、市場からは「大粒で品質がよい」との評価を受けている。

ぶどう部会の主な活動

・ぶどうの共同選果と出荷(主な出荷先:岡山、津山、備前、姫路、東京)
・講習会(ハウス栽培、簡易被覆栽培)、査定会、目合わせ会、出荷会議の開催
・視察研修会の開催
・農業体験研修生、農業実務研修生の受入れと定着支援
・GMC(Grape Master Clubの略、若手19名で構成)は、新技術の導入試験、ビニール被覆等の労働支援(1.5ヘクタール)を実施