ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 教育委員会 文化財課 平成26年度の国登録文化財

平成26年度の国登録文化財

平成26年4月25日登録 登録有形文化財(建造物)

登録有形文化財(建造物) 竹本家住宅 主屋、長屋及び米蔵

よみたけもとけじゅうたく しゅおく、ながやおよびこめぐら
員数2棟
所在地新見市千屋実
所有者個人
概要 県北山間部に建つ農家である。この住宅を建築した竹本家は、農林業や畜産業、養蚕業などによって財をなし、千屋村長も輩出した。
 現存する建物は、明治30 年頃に建築されたもので、主屋と、長屋及び米蔵の2 棟が登録対象である。昭和30 年以降空き家となっていたが、平成3年3月からは農村体験宿泊施設「いろりの家」として活用されている。
 主屋は、木造2 階建、入母屋造、桟瓦葺である。外壁は漆喰塗りを基本とするが、部分的に赤や青の色漆喰を用いて装飾している。さらに、正面2 階の左右両端の角には草花を模したような鏝絵を施し、左官仕事によって豊かな装飾を見せている。また、各所の木部にも彫刻を加えている。内部には石組みの囲炉裏が残っている。
 長屋及び米蔵は、屋根を繋げて一体的なつくりとしているが、北半(正面から向かって右側)が長屋、南半(向かって左側)が米蔵として使用された。長屋の内部は1 階を農作業等のための土間とし、2 階は客人の宿泊等のための離れ座敷として使用された。米蔵は土蔵造の2 階建である。

竹本家

主屋(右奥)・長屋及び米蔵(左手前)


登録有形文化財(建造物) 旧岡野屋旅館 客室棟、門及び塀

よみきゅうおかのやりょかん きゃくしつとう、もんおよびへい
員数2棟
所在地真庭市勝山
所有者株式会社 辻本店
概要 勝山の町並みの中にあって、旧出雲街道が旭川を渡る東詰の位置に立地し、街道に門を開いている。幕末期の開業と伝えられ、現存する建物は明治40年(1907)頃の建築という。現在は廃業しているが、アート展示スペース等に活用されている。
 客室棟は、木造2階建、入母屋造り、桟瓦葺である。旭川に沿って建ち、1階の縁側部分は河川敷に迫り出し、それを河床に立つ支柱で支えるという特徴をもつ。建物の長さは約25mで、当時としては大規模な旅館建築である。1階に6部屋、2階に5部屋の客室をもつが、2階は各部屋を仕切る襖を開け放すと50畳一室の大広間として使用できる。また、客室は旭川に沿って南北一列に並べられ、川に面する側の建具は全面開放できるなど、立地と景観をうまく活かした建築といえる。
 この客室棟と、入口の門及び塀を登録対象とする。

旧岡野屋旅館

客室棟(手前が旭川)

登録有形文化財(建造物) 辻本店 店舗兼主屋、事務所、衣装蔵、奥座敷、西蔵、倉庫、社舎、表門及び塀、庭塀

よみつじほんてん てんぽけんしゅおく、じむしょ、いしょうぐら、おくざしき、にしぐら、そうこ、やしろしゃ、おもてもんおよびへい、にわべい
員数9棟
所在地真庭市勝山
所有者株式会社 辻本店 他
概要 勝山の町並みの中に建つ辻本店は、文化元年(1804)の創業と伝えられる造り酒屋で、旧勝山藩主三浦家に献上したことから「御前酒」の銘がある。当初は通りに面する町家形式の敷地で創業したものと考えられるが、近代の流通経済の発展に伴って操業規模、敷地ともに拡大していった。
 登録対象は9棟であり、最も古いものが通りに面する店舗兼主屋で、江戸時代後期の建築である。その後、幕末期に事務所(旧倉庫)を建築し、明治期には敷地を大きく拡大して衣装蔵、奥座敷、西蔵、倉庫、表門及び塀を建設した。明治末期から大正初期には主屋や奥座敷を増築し、庭も拡大して昭和期に庭塀を設けている。庭園の隅にある明治期の社舎は「木花咲耶比売」という麹の神を祀る。
 衣装蔵は、通りに面する西面に4か所の窓を開け、その土戸内面を龍などの鏝絵で飾り、庇部分の彫刻も繊細である。「如意山房」の別名をもつ奥座敷は、与謝野鉄幹・晶子夫妻も滞在したという迎賓館であり、玄関の構えや座敷、漆仕上げの便所など、造作が丁寧である。
 辻本店は、老舗蔵元の生業や生活の有り様を伝える一連の施設がまとまって保存され、評価される。現在も操業を続けており、西蔵は内部を改修してレストランに再利用されている。

辻本店

右から、店舗兼主屋・衣装蔵・表門及び塀(その奥に奥座敷)

辻本店細部

衣装蔵細部

平成26年10月7日登録 登録有形文化財(建造物)

登録有形文化財(建造物)金光学園中学高等学校記念講堂

よみこんこうがくえんちゅうがくこうとうがっこうきねんこうどう
員数1棟
所在地浅口市金光町占見新田
所有者学校法人金光学園
概要明治37(1904)年、現金光教本部の一角にあった旧金光中学校校地に建てられた講堂で、昭和31(1956)年に移築された。木造平屋建、寄棟造、桟瓦葺で、規模は南北約12.7m、東西約20.0m、建築面積約238平方メートルである。和風(社寺建築)と洋風の意匠を巧みに融和させたデザインに特徴があり、明治期の学校建築の様式や技術を知る上で貴重である。

金光学園中学高等学校記念講堂外観(北東から)

    金光学園中学高等学校記念講堂外観(北東から)

平成27年3月26日登録 登録有形文化財(建造物)

登録有形文化財(建造物) 梅荘 本館、別館、離れ、女中部屋及び台所、蔵

よみばいそう  ほんかん、べっかん、はなれ、じょちゅうべやおよびだいどころ、くら
員数5棟
所在地倉敷市児島
所有者個人
概要 梅荘は、児島半島に所在し、西側に瀬戸内海が一望できる場所に立地している。塩田王として有名な野﨑武左衛門の孫である武吉郎が、日露戦勝記念として建てた別荘で、当初は野﨑家の海水浴用の休憩所として計画された。本館を中心に、その北側に別館、西側に離れ、東側に女中部屋及び台所、北東側に蔵を配置している。別館は明治初期頃の建物を移築したものと伝えられるが、その他は明治40年(1907)の竣工と考えられる。庭に梅の木が多くあったことから「梅荘」と呼ばれた。現在は、所有者が変わり、店舗として利用されている。
  建築当時、文化人や地域の名士などを中心に煎茶の文化が発達していたが、煎茶室を附属した座敷をもつ本館や、煎茶趣味の離れは、近代における座敷の発達の特徴を示し、貴重である。

梅荘本館

         梅荘 本館(南東から)

梅荘離れ

         梅荘 離れ(北東から)

登録有形文化財(建造物) 姫井家住宅 主屋、長屋門

よみひめいけじゅうたく しゅおく、ながやもん
員数2棟
所在地浅口市鴨方町
所有者個人
概要 姫井家住宅は、JR山陽本線鴨方駅の北約1kmに位置する。姫井家は、江戸時代より代々医者を輩出した旧家で、鴨方藩の御殿医も務めた。
 主屋は、敷地のほぼ中央に南面して建ち、木造平屋建、一部二階建、入母屋造及び寄棟造り、桟瓦葺である。主屋の正面中央に式台玄関及び土間玄関を並べ、その西側に座敷、東側に洋館、北東に台所土間、北西に二階建ての離れを配し、座敷と離れの間に坪庭を設けている。座敷には面皮材を多用するなど数寄屋趣味がうかがえ、欄間には漢詩を彫り、文人とのつきあいが深かったことが分かる。
 近代における地方の町医者が住宅を使ってどのように医院を営んだかを知ることができ、貴重である。

 姫井家住宅主屋

        姫井家住宅 主屋(南東から)

姫井家長屋門

         姫井家住宅 長屋門(北東から)


トップページ 組織で探す 教育委員会 文化財課 平成26年度の国登録文化財