ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

公民館の振興

平成28年度「若者が主役!地域まるごと活性化事業」

 公民館を拠点に中高生、学生及び青年等の若者の活躍の場を創出することにより、自己有用感や地域への愛着心を高め、地元定着や持続的な地域活動の活性化を図り、地方創生を推進する事業です。

事業実施

県内12市町で15団体が地域の課題解決や魅力あるまちづくりに向けて、特色ある様々な事業に取り組みました。

事業報告会

 平成29年2月19日(日曜日)に生涯学習センターで、事業報告会を開催し、事業の取組発表や、パネル展示・DVDコーナーでの活動紹介等行いました。おばけ屋敷やマルシェ等実演コーナーも設け、参加者に、本事業の取組を見て、聴いて、実感してもらう、報告会となりました。
 あわせて、「中高生が活躍!もんげー岡山公民館」のプロモーションビデオ制作発表も行いました。
たけべ未来塾(岡山市立建部町公民館)
もんげー岡山公民館

平成27年度「若者が主役!地域まるごと活性化事業」活動報告書

公民館とは

 公民館は、地域住民に最も身近な社会教育施設として、教養の向上はもとより、学びによる地域課題の解決も図っています。また、大震災の経験から、人のつながり、絆の大切さが再認識されている中、地域づくりの拠点としての機能も果たしています。

公民館への支援・公民館の活用

 公民館の設置主体は市町村ですが、県教育委員会では、岡山県全体の生涯学習・社会教育活性化の観点から、公民館の振興に取り組んでいます。
 公民館に関するお問い合わせ、御要望等がありましたら、御遠慮なく御連絡いただければ幸いです。

公民館関係者の方へ

・毎年、県生涯学習センター等で、職員の方の資質向上のための研修を実施しています。(その都度御案内)
・御要望があれば、公民館に出向いて課題解決のお手伝いをします。
(平成25年度は、市町村の公民館館長会議に県生涯学習課職員が出向き、ワークショップを開催しました。)

行政他部局・その他地域で活動されている方へ

 新たな社会的課題や地域課題が増大し、社会教育担当部局以外でも様々な普及啓発活動が行われています。これからの公民館は、多様な主体との連携・協働が不可欠と考えています。地域活動における連携先又は会場として、ぜひ公民館の活用を御検討ください。
 県教委(生涯学習課)では、活用に当たってのコーディネートや、公民館関係者の研修会等での資料配付(可能であれば説明時間の確保)等で、お手伝いさせていただきます。

公民館がつなぐ「人づくり・地域づくり」フォーラム(Esdフォーラム)

開催日 平成26年1月30日
場所 県生涯学習センター
主催 岡山県教育委員会、岡山県公民館連合会
内容
・ 様々な地域課題や現代的課題に取り組んでいる公民館の活用事例を通して、人づくり・地域づくりを担う公民館の今後の方向性について考えました。
 活動紹介 笠岡市白石公民館、玉野市中央公民館、岡山市立西大寺公民館
・ 平成26年秋に岡山市で開催される「Esdに関するユネスコ世界会議」に向け、公民館におけるEsd(持続可能な開発のための教育)の取組について、岡山市担当部局から御説明をいただきました。

公民館等を中心とした社会教育活性化支援プログラム

実施期間 平成25~26年度
事業主体 文部科学省
内容
・ 地域社会における現代的課題に対応するため、公民館等を中心に、行政の担当部局その他関係諸機関と連携・協働して、課題解決に資する取組を実施し、社会教育の活性化を図るもの。
・ モデル事業として、全国で取り組まれました。
・ 岡山県内でも、県及び関係市町村が計5事業を受託し、事業を実施しました。
  県・玉野市、県・勝央町、津山市、瀬戸内市(2事業)

あるある公民館イニシアティブ事業

実施期間 平成22年度~24年度
内容 大人と子どもがともに自分の地域について学び合い、地域の良さを次世代へ継承していく取組として、県内5つの実行委員会に3年間継続委託し、モデルプログラムの開発に取り組みました。
実施箇所 津山市(高田公民館)、笠岡市(笠岡東公民館)、瀬戸内市(牛窓公民館)、奈義町(奈義公民館)、久米南町(久米南町中央公民館)

リンク

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)