ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 農林水産総合センター 畜産研究所 「稲発酵粗飼料(イネWcs)生産・利用の手引き」が作成されました。

「稲発酵粗飼料(イネWcs)生産・利用の手引き」が作成されました。

稲発酵粗飼料(イネWcs)生産・利用の手引き

岡山県飼料稲推進検討チーム(平成24年3月作成)


 稲発酵粗飼料(イネWcs)の生産面積は、近年、急速に拡大しており、本県でも平成23年3月に策定した「岡山県酪農及び肉用牛生産近代化計画」において、飼料増産の重要な柱として位置づけられています。
 また、水田の有効活用や水田機能の維持、耕畜連携による資源循環型農業の推進、地域農業の活性化等への効果が期待されています。
 本手引きは、イネWcsを強力に推進するため、関係する組織で構成された「岡山県飼料稲推進検討チーム」において作成されたものです。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 農林水産総合センター 畜産研究所 「稲発酵粗飼料(イネWcs)生産・利用の手引き」が作成されました。