ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 土木部 河川課 社会資本総合整備計画(河川事業)について

社会資本総合整備計画(河川事業)について

概要

交付金の種類と性格

 平成22年に創設された「社会資本整備総合交付金」は、これまでの国土交通省所管の地方公共団体向け個別補助金を一つの交付金に原則一括し、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を活かせる総合的な交付金です。
 その中でも、地域住民の命と暮らしを守る総合的な老朽化対策や、事前防災・減災対策の取組み、地域における総合的な生活空間の安全確保の取組みに対しては、「防災・安全交付金」として交付されており、本県の河川事業は、全て「防災・安全交付金」により実施しています。

社会資本総合整備計画の位置づけ

 地方公共団体が「社会資本整備総合交付金」により事業を実施する場合には、「社会資本総合整備計画」を策定することとなっており、岡山県では、河川・ダム等の整備について、次の計画を策定し、整備を推進しています。

社会資本総合整備計画(河川事業)

H27-H31年度計画

H28-H31年度計画

H22-H26年度計画(前計画)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 土木部 河川課 社会資本総合整備計画(河川事業)について