ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

自動車保管場所証明

手続き概要

自動車保管場所証明が必要なときに警察署へ申請するもの。

詳細内容

自動車の保有者は、道路以外の場所に自動車の保管場所を確保しなければなりません。
運輸支局において下記の手続きを行う場合には、警察署長が交付する自動車保管場所証明書を運輸支局に提出する必要があります。
 ●新車を購入し、新規登録をする場合
 ●中古車の購入等により、移転登録をする場合(使用の本拠の位置の変更を伴う場合に限ります。)
 ●引越し等により住所が変更し、変更登録をする場合(使用の本拠の位置の変更を伴う場合に限ります。)

法令根拠

自動車の保管場所の確保等に関する法律

受付窓口

保管場所の位置を管轄する警察署の交通(第一)課

必要書類

●自動車の保有者が当該申請にかかる場所を保管場所として使用する権限を有することを疎明する書面(自認書、保管場所使用承諾証明書等)

●自動車の使用の本拠の位置並びに保管場所の付近の道路及び目標となる地物を表示した図面(所在図)

●保管場所並びに保管場所の周囲の建物、空地及び道路を表示した図面(配置図・保管場所の平面の寸法、道路の幅員を明示すること。)

提出部数

●申請書1部(4枚複写)

●必要書類1部

手数料

保管場所証明書 2,230円
保管場所標章    600円

受付期間

平日の午前8時30分から午後5時まで

各種様式

留意事項

●保管場所の位置は、当該自動車の使用の本拠の位置から2キロメートルを超えないこと。
●保管場所は、道路から当該自動車を支障なく出入りさせ、かつ、当該自動車の全体を収容することができるものであること。

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

お問い合わせ

お問い合わせ課室

※このページに関するお問い合わせについては、交通部交通規制課までお願いします。