ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 産業労働部 マーケティング推進室 県庁でマーケティング調査をしてみませんか?(県内事業者の皆様へ)

県庁でマーケティング調査をしてみませんか?(県内事業者の皆様へ)

岡山県商品開発マーケティング支援事業のご案内

県内で食品・飲料品の開発や改良に取り組んでいる事業者に対し、マーケティングの視点から「売れる商品づくり」を支援する取組を始めました。
調査費は無料です。ぜひ、お気軽にご利用ください。

何をするの?

事業者が開発や改良を進めている食品・飲料品について、県庁で「会場調査」を行い、今後の改良・開発の参考となるデータを集めます。
(会場調査とは、マーケティング調査の手法のひとつで、会場に多数のモニターを集めて試食やアンケートなどを行うものです。)

どんなことに役立つの?

「会場調査」は、商品に対する消費者の評価・意見を知るために効果的な手法です。
「商品の味付けはこれでいいのか?」「パッケージデザインはターゲットの好みに合っているのか?」「売上げを伸ばすには何を改善すればいいのか?」など様々な課題について、調査により解決策が見つかることがあります。

事業の流れ

1 申込み(随時)

申込みのイメージイラスト 

申込書に必要事項を記入し、県庁へ提出してください。
※申込書の様式は、このページの一番下にあります。

2 事前協議事前協議のイメージイラスト 

内容が適当と認められた場合、県の担当者と事前協議を行って、調査日やアンケートの内容について協議します。

3 会場調査会場調査のイメージイラスト 

県庁舎内の会場で、県職員を対象にして「試食」と「アンケート」を行い、商品に対する評価などのデータを集めます。

4 分析/活用

活用のイメージイラスト

アンケート結果を持ち帰り、分析して商品開発等にお役立てください。

お申込みの要件

1 申込者は、岡山県内に事務所・事業所のある法人その他の団体及び事業を営む個人に限ります。 
2 調査対象商品は、次のいずれにも該当するものに限ります。
 ・食品衛生法の許可を受けている施設で製造している食品又は飲料品(ただしアルコール飲料は不可)
 ・申込者が自ら製造しているもの、又は申込者のみが販売するオリジナル商品として他の事業者に製造委託しているもの
 ・発売に向けて開発中であるもの、又は発売済みであるが改良を検討しているもの

注意事項

1 調査費用は無料ですが、試食用の商品と、試食の配布に必要な資材(小皿、楊枝等)、配布スタッフ1~2名程度をご提供ください。
2 事前協議及び会場調査は、県庁本庁舎(岡山市北区内山下)で行います。県庁までの交通費等は自己負担となります。
3 庁舎内に勤務する職員がモニターとなる都合上、調査時間は原則として平日12時05分から12時55分までとなります。

詳しくはこちらをご覧ください

申込み・問い合わせ先

岡山県産業労働部マーケティング推進室

電話:086-226-7365
Fax:086-225-3449
Eメール:marketing@pref.okayama.lg.jp
 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 産業労働部 マーケティング推進室 県庁でマーケティング調査をしてみませんか?(県内事業者の皆様へ)