ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 美作県民局 真庭保健所 「糖尿病連携手帳普及のためのポスター」を作成しました。

「糖尿病連携手帳普及のためのポスター」を作成しました。

印刷用ページを表示する2013年10月1日更新/真庭保健所

「糖尿病連携手帳普及のためのポスター」を作成しました。

内 容
 真庭地域では4人に1人が糖尿病もしくは糖尿病の疑いがありますが、3人に2人は医療機関を受診されていません。
 また、糖尿病が悪化し人工透析を受ける方も年々増加しています。
 そこで、真庭地域医療再生計画推進協議会と真庭保健所では、糖尿病の医療連携を推進するため、「糖尿病連携手帳普及ポスター」を作成しました。 
 <糖尿病連携手帳ってなぁに?>
 糖尿病は放置すると様々な器官に合併症を及ぼします。
 糖尿病連携手帳は糖尿病患者さんが、「かかりつけ医」や「専門病院」「かかりつけ眼科医」「かかりつけ歯科医」等を受診するときに持参して担当医に提示し、それぞれの機関が連携しながら質の高い糖尿病診療を受けられるようにするために、日本糖尿病協会が作成した手帳です。
 緊急手術や災害の時にも持っておくと医療従事者に提示するだけで情報提供がスムーズにできるメリットがあります。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 美作県民局 真庭保健所 「糖尿病連携手帳普及のためのポスター」を作成しました。