ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 動物愛護センター 飼い主の責務について

飼い主の責務について

最後まで責任を持って飼いましょう

 飼い主は犬や猫等を飼い始めたら、最後まで愛情と責任を持って終生飼養する責任があります。飼い主の病気や引っ越し等によりどうしても飼えなくなった場合は、新たな飼い主を探し、譲渡先を見つけるようにしてください。

動物の愛護及び管理に関する法律の罰則

 「動物の愛護及び管理に関する法律」により、動物をみだりに殺したり、傷つけたりする行為は、2年以下の懲役又は200万円以下の罰金が科せられ、動物を捨てたりする行為は、100万円以下の罰金という厳しい罰則が科せられます。また、愛護動物に対し、みだりに、給餌若しくは給水をやめ、酷使し、又はその健康及び安全を保持することが困難な場所に拘束することにより衰弱させること、自己の飼養し、又は保管する愛護動物であって疾病にかかり、又は負傷したものの適切な保護を行わないこと、排せつ物の堆積した施設又は他の愛護動物の死体が放置された施設であって自己の管理するものにおいて飼養し、又は保管することその他の虐待を行った者は、100万円以下の罰金に処されます。

動物の所有の明示

 犬の飼い主は、狂犬病予防法に基づく犬の鑑札及び注射済票の装着が義務付けられています。飼養する犬が逸走したときの、所有者の情報となり、飼い主を速やかに見つける大切な情報になります。
 また、所有の明示方法については、名札、脚環、マイクロチップ等があり、その中でもマイクロチップは皮下に埋め込むことから、名札や首輪のように外れたり、取れたりする心配がありません。そのため、犬の鑑札や注射済票と併せてマイクロチップ等所有の明示を行うことも、飼い主の早期発見に大切なものです。

トップページ 組織で探す 保健福祉部 動物愛護センター 飼い主の責務について