ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 動物愛護センター 犬の事故報告書等

犬の事故報告書等

 飼養する動物が人の生命及び財産へ害を加えたときは、岡山県動物の愛護及び管理に関する条例に基づき、動物愛護センターへ報告が必要となります。(岡山市及び倉敷市内で起きた事故等は除く)

 詳しくは動物愛護センターへお問い合わせ下さい。
 連絡先:086-724-9512

飼養する犬が事故を起こした場合

 飼養する犬が事故を起こした場合、飼い主は「犬の事故報告書」を直ちに動物愛護センターへ報告することとなります。また、飼い犬が人を咬んだ場合は、直ちに狂犬病の疑いの有無について獣医師(動物病院等)に検診してもらい、診断書を動物愛護センターへ報告することになります。

飼養する犬以外の動物が事故を起こした場合

 飼養する犬以外の動物(特定動物による事故)が事故を起こした場合、飼い主は「事故報告書」を直ちに動物愛護センターへ報告することになります。

岡山市及び倉敷市内で事故が起きた場合

 事故が発生した場所の市町村を管轄するところへ報告が必要となります。
 岡山市内において動物が事故を起こした場合は、岡山市保健所衛生課動物衛生係(電話:086-803-1259)に、倉敷市内において動物が事故を起こした場合は、倉敷市保健所生活衛生課動物管理係(電話:086-434-9829)に連絡して下さい。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 動物愛護センター 犬の事故報告書等