ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 産業労働部 マーケティング推進室 手織作州絣(県指定郷土伝統的工芸品)

手織作州絣(県指定郷土伝統的工芸品)

特色

 城下町津山で発達した絣(かすり)で、丈夫なことから庶民の生地として広まりました。伝統の技術を受け継ぎ、太めの木綿糸を使用して織り上げられた素朴な織物で、藍と白の織りなすシンプルな模様には、なつかしい温もりと新鮮な感動があります。
作州絣写真
 

指定の内容

一 名称
   手織作州絣(ておりさくしゅうかすり)

二 技術又は技法の内容
 1 次の技術又は技法のすべてにより製織された、かすり織物とすること。
  (1) 先染めの手織りとすること。
  (2) かすり糸は、たて糸及びよこ糸又はよこ糸に使用すること。
  (3) かすり糸のかすりを手作業により柄合わせし、かすり模様を織り出すこと。
 2 かすり糸の染色法は、「くくり」によること。


三 使用する原材料
   使用する糸は、綿糸とすること。

四 製造される地域
   津山市

(指定年月日 昭和56年1月30日)
 

歴史

 作州(美作国)津山地方では、古くから高級絹織物が盛んに織られていたが、17世紀の初め頃、綿の栽培が始まり、両者平行して織られるようになった。綿は手つむぎ糸を作り、紺屋で染加工して紺無地・縞物など、庶民の衣服が盛んに織られていた。
 明治の初期には、倉吉絣の指導・影響を受け、木綿紺絣が次第に普及するに至ったが、これらはあくまでも自家用であったため、他産地の市販物に押されて、その生産も技術も、ほとんど絶滅寸前となっていた。
 その後、津山市産業振興計画の一つとして「作州絣」が取り上げられ、伝統ある木綿絣が生き返り、最盛期には動力織、手織を合わせて月産三万反を生産するまでになった。
 現在は、「作州絣保存会」が中心となって、技術の伝承と後継者育成に取り組んでいる。
 

主要製造工程

 原図に従って経(たて)糸と緯(よこ)糸の白く染め抜くところを糸で縛って染色したあと、原図の模様になるように糸をあわせて織る。

 (染色)
 「整経」 絣のデザインに合わせ、糸を必要な量だけ枠に巻き取る
   ↓
 「括り」 染色の際に、白いところを作るために、糸で縛る
   ↓
 「染色」 昔ながらの大切な力仕事で、ここで絣本来の白と紺を基調にしたかすり糸の土台が染め上がる
   ↓
 (経糸準備)
 「絣合わせ」
   ↓
 「仕上糊」
   ↓
 「乾燥」
   ↓
 「千切巻(ちきりまき)」絣合わせを終えた糸を、チキリという芯に巻く
   ↓
 (緯糸準備)
 「糊落」
   ↓
 「乾燥」
   ↓
 「かせ取」織り込みに必要な緯糸を一本ずつのカセに取る
   ↓
 「管巻」
   ↓
 (仕上げ)
 「織布」

 ※上記は、指定申出時の提出書類に基づくものです。
 
 

手織作州絣(英訳)

Hand-woven Sakushu Kasuri Textile
Designated January 30, 1981 Tsuyama-shi
Kasuri textile developed in the castle town Tsuyama, was a cloth widely used by the common people for its durability. Woven with thick cotton threads, this textile and its weaving technique have been passed down for generations as a valuable tradition. The simple yet classic patterns in indigo and white are loved by both locals and visitors.

トップページ 組織で探す 産業労働部 マーケティング推進室 手織作州絣(県指定郷土伝統的工芸品)