ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 長寿社会課 若年性認知症について

若年性認知症について

若年性認知症とは

認知症は一般的には高齢者に多い病気ですが、年齢が若くても発症することがあり、65歳未満で発症した場合を「若年性認知症」といいます。
働き盛りの年代で発症するため、経済的な問題を抱えることが多く、ご本人だけでなくご家族の生活にも影響してきます。
全国の若年性認知症者数は37,800人、平均発症年齢は51.3歳と推計されています(平成21年3月厚生労働省発表)。高齢者の認知症は女性に多いのに対し、若年性認知症は男性に多いのが特徴です。
認知症は早期診断・早期対応が大切です。おかしいなと思ったらそのままにせず、早めに専門医を受診しましょう。

若年性認知症について知りたいとき

若年性認知症ハンドブック

認知症介護研究・研修大府センターが作成した若年性認知症についてのハンドブックです。
若年性認知症の症状、利用できる社会制度やサービス、相談窓口等について載っておりますので、ご活用ください。

若年性認知症について相談したいとき

おかやま若年性認知症支援センター

~若年性認知症の人と家族のための相談窓口です~
  県では、若年性認知症の人と家族の支援に向けて、「おかやま若年性認知症支援センター」を開設し、電話相談業務や家族、関係者による個別ケア会議等を通じて、その方の状態に応じた支援等を行います。ここに若年性認知症支援コーディネーターを配置し、複数の相談員と共に相談業務等に対応していきます。(※若年性認知症支援コーディネーター:新オレンジプランにおいて県に配置することとされている若年性認知症の人の自立支援に係わる関係者のネットワークの調整役。)
 
●若年性認知症支援コーディネーター  
     片山禎夫(片山内科クリニック院長)

●センターの業務
 1 電話相談
  (1)電話番号     086-436-7830
  (2)相談日・時間  月曜日、水曜日及び金曜日
               10時から12時、13時から16時
               ※休日、8月13日~15日、12月29日~1月3日を除く。
  (3)相談体制等   保健師、社会福祉士、臨床心理士等の専門職が相談員として電話相談に対応し、相談内容によって予約制による面談等を実施。
  (4)相談内容 受診、治療、就労、社会参加、介護サービス等
 2 個別ケア会議を開催し、多職種連携により支援策等を検討。 
 3 医療、介護、福祉、就労等の総合的な支援に向けた関係団体によるネットワーク会議を開催。
 4 普及・啓発
  (1)本人、家族、一般県民、市町村職員、医療関係者等への研修会を開催。
   ◆H29年度研修会の予定
    ●岡山会場:H29年8月19日(土曜日)14時~16時 <開催済>
    ●赤磐会場:H29年10月29日(日曜日)13時~16時30分 ※ただいま申込受付中   
  (2)ポスター・パンフレット等啓発資材の作成及び配布。

※<参考>若年性認知症コールセンター

認知症介護研究・研修大府センターが運営している電話相談もあります。こちらも専門教育を受けた相談員が対応します。

【運営機関】 社会福祉法人仁至会 認知症介護研究・研修大府センター(愛知県大府市)
【電話番号】 0800-100-2707(フリーダイヤル)
【ご利用時間】 月曜日~土曜日
         (年末年始・祝日除く)
         10時00分~15時00分

岡山県認知症疾患医療センター

専門医療相談、鑑別診断等を行っています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 長寿社会課 若年性認知症について