ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 備北広域農業普及指導センター H25.6 第2回高梁地域水田農業担い手育成研修会を開催

H25.6 第2回高梁地域水田農業担い手育成研修会を開催

 高梁市農業振興協議会は6月19日、JAびほく本店会議室で、今年4月に続いて「第2回高梁地域水田農業担い手育成研修会」を開催した。研修会には、市内の一定規模以上の水稲栽培者、集落営農組織、関係機関の担当者ら計29名が参加した。
 市内においては中山間地域が多く、集落の水田面積が狭いため、水田農業の経営改善に向け規模拡大を図るのに、畦畔除草の労力軽減や耕作放棄地の有効活用が課題となっている。このため、除草機械や除草剤による畦畔除草方法、耕作放棄地解消の関連施策をはじめ、さらに玄米1等米比率の低下要因となっている斑点米カメムシの対策につながる畦畔除草方法について研修を行った。
 参加者らにとって、なかなか改善が図られにくい畦畔除草や耕作放棄地といった課題にどう取り組むべきかを考える一つの契機となった。
 普及指導センターでは今後も関係機関と連携し、地域の水田農業の維持・発展に向けた支援を行うこととしている。
研修会の様子

トップページ 組織で探す 備中県民局 備北広域農業普及指導センター H25.6 第2回高梁地域水田農業担い手育成研修会を開催