ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 備北広域農業普及指導センター H25.6 荒廃茶園復活プロジェクトで応援隊活躍

H25.6 荒廃茶園復活プロジェクトで応援隊活躍

 6月22日に高梁市松原町の荒廃茶園で、荒廃茶園復活プロジェクト(代表:藤田 泉)の第一弾として応援隊32名の協力のもと剪定や草刈り作業が行われた。
 このプロジェクトは、高齢化や過疎化により耕作放棄された荒廃茶園の復活を通じて地域の再活性化を図るもので、今回がその第1回目。
当日は、放任されて長く伸びた茶の伐採枝の園外に運び出した後、畝間の除草や株元への施肥作業を応援してもらった。参加者からは当初「これが茶畑!?」という声も聞かれたが、2時間の作業後には茶畑が姿を現していた。応援隊の活動は、今後も2回行われる。
 普及指導センターでは、茶園復活の栽培技術や高梁紅茶のPRを支援している。
作業中の支援隊
姿を現した茶園

トップページ 組織で探す 備中県民局 備北広域農業普及指導センター H25.6 荒廃茶園復活プロジェクトで応援隊活躍