ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 土木部 監理課 建設業における社会保険未加入問題への取り組みについて

建設業における社会保険未加入問題への取り組みについて

1 社会保険未加入問題

 建設業においては、下請企業を中心に、年金、医療、雇用保険について、法定福利費を適正に負担しない企業(社会保険未加入企業)が存在することから、技能労働者への公的保障が確約されず、若年入職者減少の一因となっているほか、関係法令を遵守して適正に法定福利費を負担する事業者ほど競争上不利になるという状況が生じています。
 このため、建設業の持続的な発展に必要な人材の確保を図るとともに、事業者間の公平で健全な競争環境を構築するため、行政、元請企業、下請企業など関係者が一体となった保険加入徹底に向けた取り組みが強化されました。
 各企業においては、自社の加入だけでなく関連会社の加入促進について協力をお願いします。

 周知・広報用リーフレット・ポスター

イ 発注者向けロ 元請企業向けハ 下請企業(専門業者向け)二 建設業で働く方向けホ ポスター
     

一人親方の保険加入について

イ 建設企業向けロ 一人親方向け

2 岡山県の取組

 岡山県では、社会保険未加入対策として次のような取り組みを行っています。

(1)建設業許可・更新時、経営事項審査時における加入状況確認・指導

・建設業許可・更新申請時、経営事項審査時に保険加入状況を確認し、未加入企業に対して指導。

(2)経営事項審査の厳格化

・経営事項審査において、保険未加入の場合の減点幅の拡大。

(3)社会保険担当部局との連携

・指導に応じず加入しない業者については、社会保険担当部局(日本年金機構中国ブロック本部、岡山労働局)へ通報。

(4)悪質な業者に対する厳正な対応

・県及び社会保険担当部局の指導に従わない業者に対しては、必要に応じて立入検査や監督処分を実施。

(5)国等との連携による周知・啓発

・保険加入に向けた機運を醸成するため、社会保険未加入対策推進協議会(国や建設業者団体で構成)に参加し、様々な機会を捉えて周知・啓発を実施。

(6)公共工事設計労務単価の改訂

・県の平成25年度公共工事設計労務単価の必要な改訂を行い、法定福利費の適切な支払と社会保険への加入等を徹底。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 土木部 監理課 建設業における社会保険未加入問題への取り組みについて