ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 保健福祉課 戦没者の父母等に対する特別給付金

戦没者の父母等に対する特別給付金

制度の概要

 先の大戦において子や孫を亡くし、このため子孫が絶えたといういいしれぬ寂寥感や孤独感と戦って生きてこなければならなかった精神的痛苦に対して、国として特別の慰藉をするために、昭和42年に制定されたものです。
 主な法律改正は5年ごとに行われ、継続的措置がとられています。

支給対象者

 援護法に規定する軍人軍属又は準軍属が、昭和12年7月7日以後、公務上又は勤務に関連して死亡したことにより、一定の基準日において、公務扶助料や遺族年金等の受給権を有する父母や祖父母で、戦没者が死亡した当時、戦没者以外に氏を同じくする子や孫もなく、その後法適用日までの間に自然血族の子や孫を有するに至らなかった方です。
 

請求窓口

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 保健福祉課 戦没者の父母等に対する特別給付金