ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 県民生活部 市町村課 市町村への事務・権限移譲推進方針

市町村への事務・権限移譲推進方針

 岡山県では、「住民に身近な行政事務は、できる限り市町村で行うべき」との理念の下、市町村への事務・権限の移譲を推進しており、平成25年3月には、今後の取組の基本となる「市町村への事務・権限移譲推進方針」(平成28年3月改訂)を策定しました。
 これまでは、住民にとって分かりやすい移譲となるよう、市町村の区分(指定都市、中核市、保健所設置市、一般市、全市町村など)に応じ、足並みを揃えた「一律移譲」方式を基本としてきましたが、今後は、個々の市町村の希望に応じた、より柔軟な移譲に取り組みます。
 また、県から移譲候補として示す事務・権限に限らず、市町村から県に対して、事務・権限の移譲を提案できることとしています。
【参 考】
 これまでの事務・権限移譲計画
平成17年11月 「市町村の自立力向上のための県からの事務・権限移譲計画」
平成21年 3月    同 <改訂版>
平成23年 3月 同 <第2次改訂版> (終期平成25年4月)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 県民生活部 市町村課 市町村への事務・権限移譲推進方針