ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 環境文化部 循環型社会推進課 アスベスト濃度調査事業

アスベスト濃度調査事業

アスベスト濃度調査事業

 建築物の解体等に伴い発生するアスベスト(石綿)を含む廃棄物は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律に定められた処理基準等に基づき、飛散防止を徹底するなど、適正に処理することとされています。

 県では、建築物の解体作業現場等での飛散防止の徹底状況を確認するため、敷地境界における大気中アスベスト濃度測定や立入検査を実施するとともに、一般環境大気中のアスベスト濃度測定を実施しています。

 
・濃度測定:
  解体作業現場…19現場、37回実施(平成23年度)
  一般環境…県内7地域14地点で2季実施(平成23年度)

・立入検査:41回(平成23年度)

広報紙1
広報紙2

関連のページ

担当部署

環境文化部 環境管理課 大気保全班

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 環境文化部 循環型社会推進課 アスベスト濃度調査事業