ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 総務部 税務課 車検用の納税証明書について

車検用の納税証明書について

 自動車の継続検査及び構造等変更検査を受ける際には、運輸支局において自動車税の滞納がないことが確認される必要があります。
 この自動車税の滞納がないことを証明する書類が、自動車税納税証明書(継続検査・構造等変更検査用)です。
 自動車税の納税確認の電子化に伴い、納税証明書の運輸支局への提示は、省略できるようになりました。
 このため、原則として納税証明書の再交付は行いません。

納税通知書添付の納税証明書について

 毎年5月初旬に送付される納税通知書の右端が「自動車税納税証明書(継続検査・構造等変更検査用)」となっています。
 納税確認の電子化開始後も当面従来どおり添付する予定です。
 車検等を業者に依頼される場合は、業者の方が納税証明書を確認することがありますので、大切に保管してください。

※次の場合は納税証明書として使用できません。
・領収日付印のないもの
・登録番号欄が「*****」印で消されているもの
・領収日がその年の7月1日以降であるもの

<郵便局のATMで納付した場合>
 郵便局のATMで納付された場合は、納税通知書右端の「自動車税納税証明書(継続検査・構造等変更検査用)」の欄に領収印が押印されないため、証明書として利用できません。
 自動車検査証の有効期限が間近の方は、窓口にて納付してください。

自動車税納税証明書(継続検査・構造等変更検査用)を交付申請する場合

※納税通知書に添付されている納税証明書が使用できない方で、自動車税を納付後概ね2週間以内に車検を受ける方は、納税証明書が必要となります。
※年度途中に岡山県に転入(変更登録)された場合の納税確認は、4月1日の登録都道府県にお問い合わせください。
※岡山県から転出された後に納税証明書を請求される場合は、旧岡山県ナンバー(又は現在のプレート番号)と車台番号を窓口で確認させていただきます。
※軽自動車及び二輪車については、市町村税ですので、それぞれの市町村にお問い合わせ下さい。
※自動車税が未納の場合は証明書の発行はできません。

請求に必要なもの

★窓口で請求する場合
1.自動車検査証(コピー可)
2.領収証書(コピー可。郵便局のATMで納められた場合は領収書であるレシート)
3.身分証明書(運転免許証、健康保険証など)
★郵送で請求する場合
次の1~4を住所地を管轄する県民局に送付してください。
1.自動車検査証のコピー
2.領収証書(コピー可。郵便局のATMで納められた場合は領収書であるレシート)
3.返信用封筒(切手を貼って宛名を記入したもの)
4.その他
  自動車検査証のコピー余白に氏名、連絡先電話番号(できれば携帯)、「車検用納税証明書が必要」と記入してください。

自動車の抹消登録(廃車)、譲渡、名義変更のための納税証明書について

 自動車の抹消登録(廃車)、譲渡、名義変更のための納税証明は、一般用納税証明書となり、手数料(400円)が必要です。
 詳しくは、下記受付・お問い合わせ窓口へご確認ください。

受付・お問い合わせ窓口


トップページ 組織で探す 総務部 税務課 車検用の納税証明書について