ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

木工科

木工科の紹介

木工科とは

 手工具及び木工用機械の使用方法や調整・刃物研磨作業等の基本的な技能をもとに、木工品製作における知識と技能を習得し、関連企業への就職を目指します。

基本工作(かんな)

 手工具を知ることから始まります。

 部材の接合箇所に凹凸を作り、それを組み合わせて接合して接ぎ手の練習をします。木工の基本です。

組立作業

刃物を研ぐ

 カンナ、ノミなどの手工具の刃は、すべて自分で研ぎます。切れない刃物は正確な作業が出来ないばかりか、かえって危険です。

 小さな課題から始まり、だんだんと大きな製品作りに取り組んでいきます。

子抽斗

小抽斗

座卓

座卓

ローボード

ローボード

訓練期間

1年間(約1400時間)

定員

20名

訓練対象者

求職中の方

主な訓練内容

【学科】木工用機械、材料、製図、工作法、安全衛生 他

【実技】器工具使用法、機械操作実習、工作実習、組立及び仕上実習、安全衛生作業法、木工品製作実習 他 

参考:木工科訓練カリキュラム [PDFファイル/1.28MB]

目標とする資格等

  • 2級技能検定受検資格(家具製作、建具製作)

主な就職先

吉備木工株式会社、株式会社佐田建美、株式会社すえ木工、株式会社津山銘木、佐古木工所、有限会社片山建具、有限会社赤羽木工所、香本工芸株式会社、株式会社イールドインテリアプロダクツ 他

就職率(就職者数/修了者数×100)

平成25年度

平成26年度

平成27年度

平成28年度

 

平成29年度

95%

95%

85%

77%

 

100%

 

Facebook

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)