ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

木造建築科

木造建築科の紹介

木造建築科とは

木造建築(在来軸組構法)における専門学科と併せて器工具・機械操作等の使用方法を習得し、工作実習を経て校外実習を行い、実践的な技能者を養成します。

継手加工

継手加工

使用手工具

使用手工具

水盛りやり方

水盛りやり方

仕口加工の機械操作

仕口加工の機械操作

 

訓練期間

1年間(約1400時間)

定員

10名

訓練対象者

高等学校卒業以上で、18歳以上30歳以下の方(ただし、30歳を超え45歳以下の方でも専門校長が認めた場合には受験することができます。また、高等学校卒業程度の学力を有する方も受験できます。)

主な訓練内容

【学科】建築概論、建築構造、規く術(きくじゅつ)、関係法規 他
【実技】機械操作基本実習、工作実習、木造建築施工実習 他

 

継手加工写真

継手加工

墨付け写真

墨付け

校外実習(建前)校外実習(完成)
校外実習(建前)校外実習(完成)

 

目標とする資格等

  • 技能士補(建築大工)
  • 3級技能士(建築大工)
  • 木造建築士,2級建築士受験資格短縮(高等学校卒業以上の学歴を有する者)

最近の就職先

有限会社景山建設、株式会社アイム・コラボレーション、新東住建工業株式会社、株式会社kouji 他

就職率(就職者数/修了者数×100)

平成23年度

平成24年度

平成25年度

平成26年度

平成27年度

平成28年度

平成29年度

100%

100%

100%

100%

100%

100%

100%

Facebook