ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

性犯罪被害に遭ったら?

性犯罪被害に遭ったら?

被害に遭った場合、どうすればいいの?

・ 身の安全を確保した上で、110番通報してください。
・ 被害現場は証拠が残っている可能性がありますので、そのままにしておいてください。
・ 通報後も電源を切らないでください。警察から電話をかける場合があります。

110番通報するかどうか悩んでいる

・110番通報をためらう場合は、まずは最寄りの警察署に連絡してください。
・ 警察本部では、性犯罪被害者からの相談を受け付けています。
◇ 性犯罪被害相談電話 0120-001-797 ◇
◇ 性犯罪被害相談電話全国共通番号 #8103(ハートさん) ◇
   ※ 電話の機種によっては、料金が発生する場合があります
相談の様子

警察では何をしてくれるの?

▲ 病院に行きたい!
  病院で受ける怪我の治療や診察・処置、性感染症の検査や緊急避妊・人工妊娠中絶経費などを公費で負担する制度があります。
▲ 女性警察官に付き添ってほしい!
  病院、実況見分等の付き添いは、女性警察職員が付き添いますので、心配しないでください。
警察官
▲ 犯人の仕返しが怖い
  被害者が、警察に被害の届出や捜査に協力したことで、加害者や関係者から仕返し(いわゆる「お礼参り」)を受けるおそれがあります。
  警察では、被害者が、加害者や関係者から再び生命や身体に危害を加えられないために、防犯指導、自宅・勤務先・学校等への重点パトロール、防犯カメラの設置などにより、被害者の安全を確保しています。
  もし、加害者や関係者から、生命や身体に危害を加えるような脅しを受けた場合には、すぐに警察へ通報してください。
▲ 自宅にいるのが怖い
  シェルター保護制度を利用し、宿泊施設に泊まっていただくことができます。
  また、県・市・町営住宅に被害者や家族が入居することができます。

警察では何をするの?

 被害者やご遺族の方から被害の届け出を受け、担当の捜査員が、事件や犯人の様子などについてお聴き(事情聴取)します。
 被害者やご遺族の方には「思い出したくない」「言いたくない」「聞かれたくない」と感じることもあるかと思いますが、犯罪の立証や犯人の特定に欠くことのできない重要なものです。

不安でたまらない!

 突然、性犯罪被害に遭われた場合、
  ◎ 言いようのない恐怖の体験をする
  ◎ 他人、時には友人や家族にも相談できない
  ◎ 自分を責めてしまう(被害の場所に行かなかったら・・・)
など、心理的に大きなダメージを受けてしまいます。
 警察では、性犯罪被害者の心理や身体の回復のために
  ◎ 臨床心理士によるカウンセリング(無料)
をしています。

警察に相談したくない!

 被害者や家族の中には、「警察に相談するのはちょっと」「警察官以外の誰かに悩みを聞いてほしい」と思っている方もいるでしょう。
 このようなときには、次のような民間被害者支援団体がありますので連絡してみてください。

公益社団法人被害者サポートセンターおかやま(ヴィスコ)犯罪被害者等早期援助団体(岡山県公安委員会指定)

電話相談:086-223-5562
相談日:毎週月~土曜日 10時~16時(祝日年末年始は休み)
性犯罪被害相談専用電話:086-206-7511
相談日:毎週月~金曜日 10時~21時(祝日年末年始は休み)、毎週土曜日 10時~16時(祝日年末年始は休み)

特定非営利活動法人おかやま犯罪被害者サポート・ファミリーズ

電話相談:086-245-7831
相談日:毎週土曜日 10時~16時(年末年始は休み)
自助グループ活動:毎週第3土曜日(申込みは上記相談電話へ)
Fax相談:086-226-6161

特定非営利活動法人さんかくナビ

電話相談:086-227-1002(随時受付)
Fax相談:086-227-1071

 ※ 悪いのは「犯人」であって、被害者は決して悪くありませんので、一人で悩まないでください。また、性犯罪被害者からの事情聴取や病院への付き添いは、できるだけ女性警察職員が行いますし、警察に通報したから絶対に被害の届出をしなければならないことではありませんので、早めに警察に相談してください。

犯罪被害者や家族、遺族からの各種相談

◎おかやま被害者支援ネットワーク事務局◎
 電話相談:086-233-8349
 月~金(土、日、祝日を除く)
 午前9時~午後5時

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)