ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

鳥インフルエンザ

鳥インフルエンザ

 平成28年11月以降、国内で高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認されています。
 ウイルスはカモなどの野鳥によって日本国内に持ち込まれます。
 家禽を飼養している方は、野鳥、ネズミなどの野生動物の侵入防止措置、消毒の徹底、人車両の入場制限と記録等、飼養衛生管理基準の遵守に努めてください。