ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 教育委員会 生涯学習課 岡山県防災キャンプ推進事業について

岡山県防災キャンプ推進事業について

趣旨

 岡山県は全国に比べ災害が少ないことで知られるが、防災に関する意識が低いことが様々な調査等で示されています。
 しかし南海トラフ巨大地震では、県南部で最大震度6強の揺れが発生すると予測されているとともに、近年夏季において集中豪雨も頻繁に発生していること等を踏まえると、防災意識の低い岡山県だからこそ防災意識の高揚に向けた取組が不可欠です。
 昨年度の防災キャンプ事業では子どもを中心に据えた防災体験活動を行うことで、子どもたちだけでなく、地域の大人たちの防災意識も向上したことから、県内の全市町村において防災キャンプを実施し、地理的特性に応じた災害対応のノウハウを蓄積していくことが必要と考えています。

 そこで今年度は、6市町(新規の希望市町5市町)において防災キャンプを実施することにより事業の拡充を図ります。
 また、県・市町の関係各課と連携することにより、昨年度からの課題を踏まえた次のプログラム等も取り入れ、事業効果の向上と広がりを持たせたいと考えています。
(1) 防災弱者となりがちな住民への配慮のあるプログラム
(2) ユニバーサルデザインの視点を取り入れたプログラム
(3) 自主防災組織を活用したプログラム
(4) 保護者を参画させたプログラム
(5) 高校生ボランティアリーダーを参画させたプログラム

事業内容

■岡山県
 防災キャンプフォーラムの実施
 実践事例集の作成

■実施市町(6市町)
 笠岡市・美作市・和気町・早島町・里庄町・矢掛町

防災キャンプ事業の様子

■実施:美作市教育委員会
 参加人数:65名
 会場:美作市大原体育館
 日時:平成25年7月13日(土曜日)~14日(日曜日)
 指導:古町地区自主防災会、美作市消防団大原方面隊、大原小学校PTA、美作市消防本部予防課、美作市消防署、美作市社会福祉協議会大原支所、美作市総務課、日本防災士会岡山県支部
 連携:大原地域各地区自主防災会
 内容:(1)被災時のルールを学ぶ(2)避難所作り体験(3)班ごとの活動体験(4)地域を知ろう(5)防災についての学習
ハザードマップ・防災マップ学習
■実施:和気町教育委員会
 参加人数:62名
 会場:学び館「サエスタ」・サエスタ広場・佐伯B&G海洋センター
 日時:平成25年8月3日(土曜日)~4日(日曜日)
 連携:和気閑谷高等学校生徒ボランティア・地域ボランティア・防災士・栄養改善推進委員・和気町役場総務課(自主防災担当)・和気町役場健康福祉課・和気町役場介護保険課・和気町消防団・和気町B&Gインストラクター・岡山県地球温暖化防止活動推進委員・東備消防組合
 内容:自宅からの最寄りの避難所確認・ダンボールベッド作り・バケツリレー、放水体験・地震体験車での揺れ体験・非常食体験・安眠体操・簡易トイレ体験・非常食体験・土のう積み体験・救助用ボート体験
協力して食事作り
■実施:早島町教育委員会
 参加人数:31名
 日時:平成25年8月24日(土曜日)~25日(日曜日)
 場所:早島町立早島小学校
 連携:総務課(早島町防災担当)・消防団・近隣自治会・ボランティア団体・早島町教委
 内容:段ボールルーム作り・炊き出し訓練・救命救急講習
段ボールハウスを作るぞ
■実施:里庄町教育委員会
 参加人数:26名
 会場:里庄町福祉会館大ホール・「フロイデ」電動中ホール
 日時:平成25年9月13日(金曜日)~14日(土曜日)
 連携:里庄町役場・消防署・消防団・日本赤十字社・婦人会・笠岡市
 内容:給水車から水くみ体験・仮設トイレ見学・ダンボールベッド組み立て・被災地支援者からの講話・防災講座・防災訓練・非常炊きだし
里庄町マンホールトイレの設置
■実施:矢掛町教育委員会
 参加人数:95名
 日時:平成25年9月13日(金曜日)~14日(土曜日)
 場所:矢掛町立三谷小学校
 連携:井原消防署矢掛出張所・矢掛町総務企画課・矢掛町消防団三谷分団
 内容:防災マップ確認・簡易担架作成法、応急処置等の実習・ふれあいサロン作成・防災グッズ作成・避難所設営体験・火おこし体験・AEDを使用した救命処置体験・起震車体験
段ボールハウスで就寝準備
■実施:笠岡市教育委員会
 参加人数:200名
 日時:平成25年9月21日(土曜日)~22日(日曜日)
 場所:笠岡市立大島小学校
 連携:自主防災組織・愛育委員・栄養委員・婦人会・老人クラブ・地区社協・民生委員・児童委員・消防団・消防局・笠岡市教委
 内容:避難所作り・非常食・防災工作・東日本大震災体験談・救急対処法・救命救急法・キャンドルスターナイト・土のう積み体験・煙道体験
救急対処法講座

岡山県防災キャンプフォーラムについて

■趣旨:県下で行った実践を広く紹介したり、防災教育に関わる講演を聞いたりすることにより、児童生徒への体験の重要性や地域のつながり、防災教育に関する知識や理解を深める。
■期日:平成25年12月15日(日曜日)13時00分~16時30分
■会場:西大寺緑花公園体験学習施設百花プラザ
■内容:講演(松田曜子氏;関西学院大学災害復興制度研究所特任准教授)実施市町からの実践発表・指導・講評

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 教育委員会 生涯学習課 岡山県防災キャンプ推進事業について