ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

【農業制度資金のご案内】

ももっち  もっと大きく農業をしたい!新しい作物を導入したい!もっと性能の良い機械が欲しい!といったときに、農業者の皆様が利用できる農業制度資金についてご案内します。

1 農業制度資金のしくみ

(1)農業制度資金とは

 農業制度資金は、国、県及び市町村が、民間金融機関(農協協同組合など)や政府系金融機関(株式会社日本政策金融公庫)に利子助成等をすることで、農業者が中長期・低利で借入可能な資金です。
  ※最終的な融資判断は、各金融機関が行いますので、融資を受けられない場合があります。

(2)農業制度資金の特徴

  農業制度資金は、農業への投資のための資金であることは当然ですが、行政機関の利子助成等の支援を受けるために、通常の融資審査にはない行政機関による事業計画審査等の手続が必要となり、また、各種の要件を満たす必要がありますので、農業制度資金の利用にあたっては、十分に踏まえた上でご検討ください。

 ア 特徴

  • 国や県などの利子助成等の支援により、金利が低利で、かつ、償還期間も中長期
  • 資金によっては、一定の要件で債務保証制度(無担保・無保証人)が利用可能
  • 身近な金融機関、県、市町村で融資相談可能(各部署で融資相談窓口を設置)
 イ 要件
  • 資金の利用が農業投資に限定
  • 借受資格有り(認定農業者又は一定の農業収入がある農業者など)
  • 合理的で具体的な資金計画を立てる必要があり、所定の手続が必要
  • 貸付決定までに約2か月程度の期間が必要(お急ぎの場合は、金融機関にご相談ください。)

2 農業制度資金の種類

 農業制度資金は、各資金によって、利用目的や融資要件が異なります。
 また、融資機関である(1)民間金融機関と(2)株式会社日本政策金融公庫では、取り扱う資金が異なりますので、これらを考慮して、必要な資金を選びましょう。
 ※どの資金を利用しようか迷われましたら、次の資金チャート及びしおりを参考にしてみましょう。

(1)目的・使途別の農業制度資金

◎主な農業制度資金の内容

分類目的取扱金融機関資金名
農地・農地の取得公庫

農業経営基盤強化資金

経営体育成強化資金

民間金融機関新規就農者等農地取得資金
・農地を借りる公庫

農業経営基盤強化資金

経営体育成強化資金

青年等就農資金(農産課所管)

民間金融機関

農業近代化資金

・農地の改良や造成公庫

農業経営基盤強化資金

経営体育成強化資金

青年等就農資金(農産課所管)

民間金融機関

農業近代化資金

機械

設備

施設

・農舎、畜舎、ハウスの取得

・トラクター、田植機等の取得

公庫

農業経営基盤強化資金

経営体育成強化資金

青年等就農資金(農産課所管)

民間金融機関

農業近代化資金

苗木

育成

・果樹の植栽費、育成費

・花き、花木の植栽費、育成費

公庫

農業経営基盤強化資金

経営体育成強化資金

青年等就農資金(農産課所管)

民間金融機関

農業近代化資金

・品種転換公庫

農業経営基盤強化資金

経営体育成強化資金

青年等就農資金(農産課所管)

民間金融機関

農業近代化資金

家畜

導入

・家畜の購入や育成費公庫

農業経営基盤強化資金

経営体育成強化資金

青年等就農資金(農産課所管)

民間金融機関

農業近代化資金

公害

防止

・家畜のふん尿処理施設導入公庫

農業経営基盤強化資金

経営体育成強化資金

青年等就農資金(農産課所管)

民間金融機関

農業近代化資金

長期

運転

資金

・機械、地代等のリース代

・経営改善に伴う初期投資

公庫

農業経営基盤強化資金

経営体育成強化資金

青年等就農資金(農産課所管)

民間金融機関

農業近代化資金

短期

運転

資金

・農薬代等の単年の支払民間金融機関農業経営改善促進資金

生活

環境

改善

・農家住宅の改良、取得

・生活雑排水施設の設置

・集会、通信等施設の取得

民間金融機関農業近代化資金

処理

加工

・農産物処理・加工施設の建設公庫

農業経営基盤強化資金

経営体育成強化資金

民間金融機関

農業近代化資金

災害・被害復旧に必要な経費公庫セーフティネット資金

負債

整理

・負債整理及び経営再建公庫

農業経営基盤強化資金

経営体育成強化資金

畜産特別資金(畜産課所管)

観光

農業

・観光農業施設の所得等公庫

農業経営基盤強化資金

経営体育成強化資金

民間金融機関農業近代化資金

養殖

施設

・内水面養殖施設の取得等民間金融機関農業近代化資金

6次

産業

・6次産業化に必要な設備取得

・農商工連携に必要な設備取得

公庫農業改良資金
 ※災害状況に応じて対応可能な資金が別途あります(災害を受けた場合に利用できる資金について参照)。

(2)金融機関別の取扱資金

※その他、中山間地域活性化資金及び振興山村、過疎地域経営改善資金など取扱がありますので、詳しくは日本政策金融公庫にお問い合わせください。

(3)その他

3 借入申込の手順

(1)農業制度資金の借入手続

 一般的に農業制度資金を借り入れるには、次の図のとおり、行政機関に対して事業計画(農業経営改善資金計画など)や利子助成の申請等を行う必要があります。
 借入申込の手順例を参考に必要な事務手続を進めてください。

soukan

   ※借入希望者と行政機関の手続は、基本的に融資機関を経由して行います。

(2)借入申込の手順例

 資金によって申込手続が若干異なりますので、融資相談が多い農業近代化資金及びスーパーL資金について、参考に手順例をご紹介します。

4 金利一覧

5 ご相談窓口

  農業制度資金の詳しいことについては、最寄りの農業協同組合・農林中央金庫岡山支店・株式会社日本政策金融公庫岡山支店・銀行・信用金庫等の各金融機関、市町村、農業普及指導センター、各県民局へご相談ください。

(1)県関係機関

(2)金融機関

    株式会社日本政策金融公庫、農林中央金庫、各農業協同組合、中国銀行、玉島信用金庫  など
    

6 金融機関の皆さまへ

(1)農業近代化資金の取扱い金融機関の募集について

  岡山県では、農業近代化資金の取扱い金融機関を募集しています。取扱いを希望される金融機関は、県と契約を結んでいただくことにより、農業近代化資金の取扱いができるようになり、県から利子補給を受けることができます。
  詳しくは組合指導課までお問い合わせください。
認定農業者 
その他農業者 

(2)岡山県農業信用基金協会(基金協会)との契約について

  農業近代化資金については、債務保証制度(基金協会による機関保証)を利用することが出来ます。利用にあたっては、基金協会との契約等一定の要件がありますので、詳しくは基金協会までお問い合わせください。
kikan 
   ※債務保証制度は、農業者が基金協会に保証料を支払うことで、基金協会がその債務を
   融資機関に対して負う制度です。

(参考)要綱要領と様式

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

お問い合わせ

お問い合わせ課室

※このページに関するお問い合わせについては、組合指導課までお願いします。