ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

危険ドラッグ使用厳禁!!

 最近、店舗やインターネット上で、「合法ハーブ」「お香」「アロマ」などと称する商品が販売されています。
 こうした商品を使用した人が、意識障害、嘔吐、痙攣、呼吸困難等を起こして、死亡したり、重体に陥る事件が多発しています。
 また、麻薬、大麻、あるいはこれらの薬物と同じ作用を有する成分を含む商品も多く、大変危険ですので絶対に手を出してはいけません。

危険ドラッグ


 危険ドラッグは、
   買わない
    使わない
     かかわらない
 平成26年7月22日より、それまで「脱法ドラッグ」といわれていたものが「危険ドラッグ」と名称が変更されました。
 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)