ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 井笠地域保健課 災害時の栄養・食生活支援について

災害時の栄養・食生活支援について

印刷用ページを表示する2018年1月4日更新/井笠地域保健課

災害時の栄養・食生活支援について

家庭での災害時に対する食の備えについて

 災害が起こった際は、支援活動が受けられるまでの間は食料は各家庭で備えておく必要があります。地震や豪雨災害などが発生すると、道路が遮断されたり、水道やガス・電気といったライフラインも寸断される可能性が高く、3日間程度は各家庭で乗り切れるだけの備えが重要です。
井笠栄養改善協議会では、家庭でできる災害時の簡単メニューを加えたリーフレットを作成しました。

給食施設での災害時に対する備えについて

 給食施設は、災害が発生した際にも喫食者に対して適切で、安全・安心な給食を提供するために、平時から体制の整備や備蓄等の準備をしておく必要があります。
 まず、自施設版の「健康危機管理マニュアル・非常災害時対応」を作成し、非常災害時に備えることが重要です。
「給食施設の健康管理マニュアル策定の手引き・非常災害時対応」はこちら

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 備中県民局 井笠地域保健課 災害時の栄養・食生活支援について