ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

岡山港のあゆみ

岡山港のあゆみ

岡山港のあゆみ
年号西暦年表

天正元年

1573年宇喜多直家が岡山城を築城し、以後旭川京橋付近と三蟠が海運の要所となる。
昭和9年4月1934年内務省告示第236号をもって内務省指定港湾となる。
昭和13年1938年内務省の旭川改修工事により京橋下の物揚場が完成する。
昭和16年1941年同和鉱業(株)所有地を切り込む岡山港修築工事に着手する。
昭和26年8月1951年港湾法の改正により、岡山県告示第554号をもって岡山県が港湾管理者となる。
昭和27年1952年西大寺地区永安橋下流に-2m物揚場380mが完成する。
終戦により中止されていた福島地区の-4m物揚場の整備に着手する。
昭和39年3月1964年3月西大寺港、小串港、幸島港と合併し港湾区域を拡張する。
昭和39年4月1964年4月政令第35号にて重要港湾に指定される。
昭和39年7月1964年7月昭和50年を目標年次として港湾計画が策定される。
昭和41年1966年福島地区に-6m岸壁が完成する。
昭和42年1967年福島地区にA棟上屋が完成する。
昭和43年1968年高島地区の-4m物揚場、泊地の建設に着手する。
福島地区にB棟上屋が完成する。
昭和45年1970年福島地区にC棟上屋が完成する。
昭和50年1975年高島地区に高島1号上屋が完成する。
昭和50年6月

1975年6月

高島地区(-5.5m)岸壁の一部供用を開始する。
昭和51年7月1976年7月昭和56年を目標年次として「岡山港港湾計画」を改訂する。
昭和58年2月1983年2月児島湾大橋が完成する。
昭和62年1987年高島地区(-7.5m)岸壁が完成する。
平成4年9月1992年岡南大橋が完成する。
平成5年1993年高島地区に高島2号上屋が完成する。
平成7年8月1995年平成17年を目標年次として「岡山港港湾計画」を改訂する。
平成8年1996年福島地区(-5.5m)耐震岸壁の建設に着手する。
平成20年4月2008年4月指定管理者制度を導入する(指定管理者 岡山港埠頭開発株式会社)。
平成24年4月2012年4月福島地区(-5.5m)耐震岸壁の供用を開始する。