ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 備中県民局農林水産事業部 矢掛町山ノ上で高校生・大学生が加工品開発支援(平成24年1月28日)

矢掛町山ノ上で高校生・大学生が加工品開発支援(平成24年1月28日)

生徒・学生による山ノ上加工品開発支援

集合写真
 平成24年1月28日土曜日、矢掛町山ノ上で岡山大学生、矢掛高校生、卒業生、
地元生産者等約50名が参集し、山ノ上の新しい加工品の開発に向けて、
試作品の試食や人気投票、意見交換等を行いました。
組合長の挨拶試食中
 矢掛高校の生徒が試作した「干し柿入りのパウンドケーキ」や「干し柿入りパン」、
「ハッカクッキー」や、山ノ上干柿生産組合が商品として販売している「巻き柿」、
「干し柿入りもち」、「ゆずゆ」や「桜茶」、「こんにゃく」等々が並べられました。
 また、地元で毎日食される家庭料理数点も並べられ全員で試食しました。
プレゼンする大学生プレゼンする大学生
 試食後、大学生から各自が選んだ一押しの加工品について、
その理由やネーミング、売り方の工夫等の提案についてプレゼンが行われました。
 プレゼンでは特産品の「巻き柿」を取り上げ、「恵方巻き柿」として期間限定で
販売するアイディアがでたり、「山ノ上忘年会」というプランを作り年数回限定で
お客さんにお酒と郷土料理をふるまうようにすればといった意見がでました。
矢掛高校生の試作品まとめをする大学准教授
 今後、こういった若者のアイディアを新たな特産品づくりに生かすとともに
これからの山ノ上地区の活性化の参考とします。

トップページ 組織で探す 備中県民局 備中県民局農林水産事業部 矢掛町山ノ上で高校生・大学生が加工品開発支援(平成24年1月28日)